ステップ総督府

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
20世紀初頭のロシア領中央アジア

ステップ総督府ロシア語Степное генерал-губернаторство)は、中央アジアに設置されたロシア帝国の軍政機関。1882年から1917年まで現在のカザフスタン共和国東部に相当する領域を管轄した。

1868年にロシア帝国政府内のステップ委員会により起草された「ウラリスク、トゥルガイ、アクモリンスク、セミパラチンスク州臨時統治規程」に基づき、1882年の西シベリア総督府の廃止に伴い設立された。アクモリンスク州セミパラチンスク州セミレチエ州を管轄し、首都はオムスクに置かれた。(その後、セミレチエ州は、1897年トルキスタン総督府に移管。)

総督府は内務省の管轄とされたが、歴代ステップ総督は、陸軍の将官が任命され、オムスク軍管区および、シベリア・コサックアタマン軍の指揮権も有していた。

1917年ロシア革命により、総督府は廃止され、県制が施行された。

官報として『ステップ地方新聞』(ロシア語Киргизская степная газетаカザフ語Дала уалаятыының газетi1888年 - 1902年)が発行された。

歴代総督[編集]

参考文献[編集]

  • 宇山智彦「ステップ総督府」『中央ユーラシアを知る事典』平凡社 2005年 (ISBN 978-4582126365)