カンクリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

カンクリ(Qangli)は、12世紀から13世紀ごろカザフステップに存在したテュルク系遊牧民族ホラズム・シャー朝において強い勢力を持った。『金史』、『元史』などの中国史料では「康里」と表記される。元朝期にはいわゆる色目人として有力者を輩出した。

名前の由来[編集]

Qangliとはテュルク語で「二輪の車」を意味する。[1]

起源[編集]

集史』部族篇には、オグズ族の分派としてウイグルキプチャクカルルクカラジアガチェリとともにその名が記されている。[2]

オグズが自分の父、叔父、兄弟、甥たちと戦い、彼らの国を襲撃し掠奪していたまさにその時、その他の人たちは獲物を駄獣に背負わせていたのに、すべての人々の中で、彼に合流して彼と一緒になった彼の一族から出たこの者たちは皆、自らの知見により、荷馬車を作ってそれに(全ての)鹵獲物を積み込んだ。(荷車をテュルク語で「カンクリ」というので、)そのため、彼らもカンクリの名で呼ばれたのである。カンクリの全枝族は、彼らの子孫から(出ている)。ともあれ、アッラーはもっとよくご存じである! — ラシードゥッディーン『集史』部族篇

村上正二によると、同じ「車」の意味である弓月族や高車族とはおそらく関係はなく、むしろキプチャク族の分派かエメク(Ämäk)族[3]などから分岐したものかもしれないとする。[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 村上正二 1965年『モンゴル帝国成立以前における遊牧民諸部族について:ラシィード・ウッ・ディーンの「部族篇」をめぐって』
  2. ^ 佐口 1976,p308
  3. ^ キプチャクと共に「2つのエメク(Iki-Ämäk)」(キマク Kīmāk)を形成した遊牧民族。

参考資料[編集]

外部リンク[編集]