タラス河畔の戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タラス河畔の戦い
(Battle of Talas)
8世紀の唐の領域。アッバース朝と接していることがわかる。

戦争:唐とアッバース朝の会戦
年月日751年5月9月
場所:今のキルギスタラス河
結果:アッバース朝の勝利
交戦勢力
アッバース朝
指導者・指揮官
ズィヤード・イブン=サーリフアラビア語版中国語版 高仙芝
李嗣業
段秀実英語版
戦力
20万人 3万人(イスラーム側の文献では10万人)
損害
不明 残兵数千人

タラス河畔の戦い(タラスかはんのたたかい、アラビア語: معركة نهر طلاس‎、中国語: 怛羅斯會戰)は、751年A.H.133年、天宝10載)5月から9月にかけて、中央アジアタラス地方(現在のキルギス領)でアッバース朝の間で中央アジア覇権を巡って行われた天下分け目の戦闘である。製紙法が西方に伝播した戦いとして有名である。

経過[編集]

戦闘まで[編集]

750年、安西節度使として西域東トルキスタン)に駐屯していた唐の将軍高仙芝が西のソグディアナ西トルキスタン)に圧力をかけた。そのため、シャーシュ(石国、現在のタシュケント)の王子は、シル川以西を支配するイスラム勢力に支援を要請。

これに応じて747年ウマイヤ朝勢力をメルヴから追ってアッバース朝ホラーサーン総督となっていたアブー・ムスリムは、部下のズィヤード・イブン=サーリフアラビア語版中国語版アラビア語: زياد ابن صالحZiyad ibn Salih)を派遣。一方、漢人・土着からなる3万(あるいは10万人)の唐軍は、高仙芝に率いられタラス城に入る。

戦闘[編集]

キルギスのタラス川

751年7月、ズィヤードの率いるアッバース朝軍と高仙芝率いる唐軍は、天山山脈西北麓のタラス河畔で衝突した。戦いの最中、唐軍に加わっていた天山北麓に遊牧する遊牧民カルルクがアッバース朝軍に寝返ったため、唐軍は壊滅し数千人を残すのみとなった。高仙芝自身は、部下の李嗣業フェルガーナの軍中に血路を開くことで撤退には成功したものの、多くの兵士捕虜となった。

唐側の被害は甚大で、イブン・アル=アスィールの『完史』によると、アッバース朝軍は「唐軍5万人を殺し、2万人を捕らえた」という。

戦いの影響[編集]

この戦い以降、中央アジアにイスラム勢力の安定支配が確立し、ソグド人テュルク系諸民族の間にイスラム教が広まっていった。

唐の勢力はタリム盆地に限定されることとなり、まもなく起こった安史の乱の影響もあって唐の中央アジア支配は後退していった。

中国人の捕虜の中に製紙職人がいたとされ、サマルカンドに製紙工場が開かれてイスラム世界に製紙法が伝わった。昭和女子大学教授の増田 勝彦は、「唐軍は、軍組織の運営事務用の備品として大量の紙を必要とし、それを現地で生産供給するために製紙専門の技術部隊を擁していた。職人個人レベルではなく、彼らが組織的に備品設備ごと捕虜とされたのではないか」という説を述べている。

脚注[編集]


参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • 蔡倫 - 製紙法を改良し、紙の普及に貢献した人物。