トルキスタン総督府

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トルキスタン総督府
Туркестанское генерал-губернаторство
コーカンド・ハン国
ブハラ・アミール国
ヒヴァ・ハン国
清
1867年 - 1917年 トルキスタン自治ソビエト社会主義共和国
トルキスタン総督府の国旗 トルキスタン総督府の国章
国旗(国章)
国歌: 神よツァーリを護り給え
トルキスタン総督府の位置
トルキスタン総督府の管轄領域
公用語 ロシア語
首都 タシュケント
皇帝
1867年 - 1881年 アレクサンドル2世
1894年 - 1917年ニコライ2世
総督
1867年 - 1882年Константин Кауфман
1916年 - 1917年アレクセイ・クロパトキン
面積
1897年1,707,003km²
人口
1897年5,280,903人
変遷
創立 1867年7月11日
解体1918年4月30日
通貨ロシア・ルーブル
現在 ウズベキスタン
キルギスの旗 キルギス
タジキスタンの旗 タジキスタン
トルクメニスタンの旗 トルクメニスタン

トルキスタン総督府(ロシア語:Туркестанское генерал-губернаторство)は、1867年から1917年まで中央アジア西トルキスタンに設置されたロシア帝国の軍政機関。首都はタシケント

概要[編集]

総督府は陸軍省の管轄下に置かれ、歴代総督および、管轄下の各州知事は陸軍将校から選任された。

アフガニスタンチベットを挟んで英領インドと対峙する中央アジアは、対英戦略上重要な地域であったため、総督は、政治、国境及び通商問題に対する無制限の権限を有し、特別な場合、他国と交渉し、協定を締結する権限も与えられた。

一方、内政面では、人口の多数を占めるムスリム住民に対して、治安維持の観点から一種の不干渉政策が取られ、ムスリム住民の政治参加を認めない一方で、ムスリム社会の基本構造には介入しなかった。

官報として、『トルキスタン地方新聞』(ロシア語Туркестанская туземная газетаウズベク語Turkiston Viloyatining Gazeti)が発行された。

管轄区域の変遷[編集]

歴代総督[編集]

  • コンスタンティン・フォン・カウフマンロシア語版 Константин Кауфман (1867年7月11日 - 1882年)
  • ゲラシム・コルパコフスキー Герасим Колпаковский (1881年 - 1882年)
  • ミハイル・チェルニャエフ Михаил Черняев (1882年 - 1884年)
  • ニコライ・ローゼンバッハ Николай Розенбах (1884年 - 1889年)
  • アレクサンドル・ヴレフスキー Александр Вревский (1889年 - 1898年)
  • セルゲイ・ドゥホフスキー Сергей Духовской (1898年 - 1901年)
  • ニコライ・イワノフ Николай Иванов (1901年 - 1904年)
  • ニコライ・テヴャシェフ Николай Тевяшев (1904年 - 1905年)
  • デアン・スボティッチ Деан Субботич (1905年 - 1906年)
  • マツィエフスキー Мациевский (1906年 - 1907年)
  • ニコライ・グロデコフ Николай Гродеков (1906年 - 1908年)
  • パーヴェル・ミシチェンコ Павел Мищенко (1908年 - 1909年)
  • アレクサンドル・サムソノフ Александр Самсонов (1909年 - 1914年)
  • フョードル・マルツォン Федор Мартсон (1914年 - 1916年)
  • アレクセイ・クロパトキン Алексей Куропаткин (1916年 - 1917年4月)

参考文献[編集]

  • 小松久男 編 『中央ユーラシア史』 山川出版社 2000年 (ISBN 978-4634413405)
  • 帯谷知可「トルキスタン総督府」『中央ユーラシアを知る事典』平凡社 2005年 (ISBN 978-4582126365)

関連項目[編集]