タジキスタンの音楽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タジキスタンで開催された国際映画祭でカルナイの演奏を行う音楽家

タジキスタン音楽中央アジアの音楽と密接な関係がある。伝統音楽はシャシュマカームと呼ばれ、ウズベキスタンでも同様の音楽が発展しており地域独特の音楽となっている[1]。タジキスタン南部に はファラク (Falak) と呼ばれる独特の民族音楽があり、結婚式割礼などの慶事やその他の機会に演奏される。

伝統音楽[編集]

タジキスタンの伝統音楽は3つの様式に分かれる。パミールスタイル (ゴルノ・バダフシャン自治州)、中央クヒスタンスタイル (ギッサールクリャーブガルムなど)、そして北部のソグディアナスタイルである。最後のソグディアナスタイルには国境を接するウズベキスタンカシュカダリヤ州スルハンダリヤ州の音楽と多くの類似点がある。タジキスタンの民族音楽には様々な曲や楽器が有る。労働歌慶事葬式結婚式、音楽に載せた叙事詩などであり、特に中央部タジク人の伝説的な英雄であるグルグリ英語版を歌った叙事詩は人気がある。

ガリビ[編集]

ガリビ (Gharibi) は「異邦人の詩」であり、20世紀初頭の貧しい農民や祖国を離れなければならなかった労働者を歌っている。

祝日の音楽[編集]

グルガルドニ英語版春分の日の音楽であり (ボイチェチャク-Boychechakとも呼ばれる)、ドゥタール英語版ダーイラ英語版を使用した結婚式の民謡が演奏される。

サイリ・グーリ・ローラ英語版チューリップの日の音楽であり、合唱ダンス・ミュージック形式で演奏される。この祝日を象徴する重要な音楽としてはナクシ・カロン英語版がある。

子供が生まれた時には特別な音楽を演奏して祝う。伝統的な人形劇がダーイラ、カイラク英語版スルナイナガラを用いて演奏される。この他にも、ナアト英語版ムナジャート英語版と呼ばれる民族音楽があり、これらの曲は男児の割礼の儀式の際に演奏される。

タジキスタンの伝統的な結婚式の音楽はソザンダ (sozanda) と呼ばれるプロの演奏家 (多くの場合女性) により、ダスタ英語版と呼ばれる合奏形式で演奏される。

バダフシャン[編集]

ゴルノ・バダフシャン自治州イスマーイール派パミール人が住んでいる地方であり、マダーフ英語版と呼ばれる詩を読み上げることで知られている。リュートが詩を読み上げる際に多く用いられる[2]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Central Asia in Words and Pictures”. Hauntedink.com. 2012年11月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月20日閲覧。
  2. ^ Istaravshan.org”. Istaravshan.org. 2013年1月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月20日閲覧。

参考文献[編集]

  • Broughton, Simon and Sultanova, Razia. "Bards of the Golden Road". 2000. In Broughton, Simon and Ellingham, Mark with McConnachie, James and Duane, Orla (Ed.), World Music, Vol. 2: Latin & North America, Caribbean, India, Asia and Pacific, pp 24-31. Rough Guides Ltd, Penguin Books. ISBN 1-85828-636-0

外部リンク[編集]