日本とアルゼンチンの関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本とアルゼンチンの関係
ArgentinaとJapanの位置を示した地図

アルゼンチン

日本

日本とアルゼンチンの関係スペイン語: Relaciones Argentina-Japón英語: Argentina–Japan relations)は、19世紀後半に確立された。

2016年11月21日、日本の安倍晋三首相(左)とアルゼンチンのマウリシオ・マクリ大統領。
2018年11月30日、日本の安倍晋三首相(左)とアルゼンチンのマウリシオ・マクリ大統領。

初期の接触[編集]

アルゼンチン・コルドバの王立裁判所の資料によると、フランシスコ・ハポンという受洗した日本人青年がおり、この地に来たことが示されており、1596年奴隷商人ディエゴ・ロペス・デ・リスボアによって、ミゲル・ジェロニモ・デ・ポラス司祭に奴隷として売られたとされている。1598年、ザポンは裁判に勝ち釈放された[1][2]。日本人として初めてアルゼンチンに移住したのは1886年のことである。アルゼンチンに移住した日本人の中には、農業の専門家である伊藤清蔵教授がおり、彼は1910年にアルゼンチンに来て、新天地の農業水準の向上に努めた。

大日本帝国とアルゼンチン共和国は、1898年2月3日に修好通商航海条約を締結し公使館級の正式な国交を結んだ。その後、1899年には定期的な海上貿易が開始された。

アルゼンチンは日露戦争において、アルゼンチン海軍のために購入した巡洋艦日進」、「春日」を日本に売却することに同意する事で援助した。しかし、1941年以前のアルゼンチンと日本の関係は、主に農業労働者を中心とした移民が中心であった。現在、アルゼンチンには推定1万人の日系アルゼンチン人が住んでいる[3]

日本とアルゼンチンの外交関係は1940年に大使館レベルに引き上げられ、翌年にはロドルフォ・モレーナが初代駐日アルゼンチン大使に、富井周が初代駐アルゼンチン日本大使に任命されたが、1944年に関係は断絶し、1945年3月27日、アルゼンチン政府は連合国側として第二次世界大戦に参戦、日本に宣戦布告した。

戦後[編集]

サンフランシスコ平和条約が調印され、1952年に両国の国交が回復した[4]1960年にはアルゼンチンのアルトゥーロ・フロンディシ英語版大統領が来日し、その後、二国間貿易や日本の対アルゼンチン投資の重要性が高まった。日本の輸入は食料品や原材料が中心であり、輸出は機械や完成品が中心であった。また、様々な面での協力に関する協定が締結された。1963年には入国管理に関する協定、1967年には修好通商航海条約、1981年には技術協力と文化交流に関する協定を締結した。

アルゼンチンは東京に、日本はブエノスアイレスに大使館を置いている。

要人往来[編集]

日本の皇族は、1991年高円宮夫妻、1997年天皇皇后1998年秋篠宮夫妻など、何度もアルゼンチンを訪問している。1986年にはラウル・アルフォンシン大統領が来日し、1990年1993年1998年にはカルロス・メネム大統領が来日している[5]

外交使節[編集]

駐アルゼンチン日本大使・公使[編集]

駐日アルゼンチン大使・公使[編集]

駐日アルゼンチン公使


駐日アルゼンチン大使

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]