日本とパキスタンの関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本とパキスタンの関係
JapanとPakistanの位置を示した地図

日本

パキスタン
日本とパキスタンの友好を示す看板がコハトトンネルに掲げられている。

本項では、日本パキスタンとの関係ウルドゥー語: پاک-جاپان تعلقات英語: Japan–Pakistan relations)について述べる。

歴史[編集]

日本パキスタン1952年4月28日に外交関係を樹立した。以降、日本とパキスタン両国の関係は強い絆で結ばれてきた。年月を経る中で様々な政治局面、経済局面の変化があったものの、日本とパキスタン両国の互恵関係は継続、成長している。

1950年代後半まで、日本とパキスタンの関係は本質的には発展途上国同士の関係に類似していた。パキスタンは日本の織物産業で使用される綿の主要供給地であり、綿の主要貿易相手国の1つであった。一方で日本の紡錘はパキスタンの紡績工場建設に役立てられていた。1960年代、日本は近代工業国家として再び急激な成長を見せ、1968年には世界第二の経済大国に躍り出た(その後、2009年まで約40年に渡って2位を維持[1])。日本は、経済成長に伴ってパキスタンに対しての円借款供与の額を大きくし始めた[2]。日本のパキスタンに対する援助は、ソビエト連邦のアフガニスタン侵攻後2倍にまで増加した。以降、日本はパキスタンの主要経済援助国、主要貿易相手国、外国投資先となってきており、2010年時点で日本はアメリカ合衆国イギリスにつぐ第三の経済援助国となっている。1965年には友好通商条約が、2002年には投資保護協定が締結された[3]

東京イスラマバードは長い年月にわたって誠意ある極めて友好な関係を保っている。日本の経済援助はパキスタンの経済発展や社会インフラの整備に極めて重要な役割を果たしている。日本政府が援助を行なって行われた主要プロジェクトとしては、インダス・ハイウェイプロジェクト、パキスタン諸州の発電所建築プロジェクト、地方道路建設プロジェクトやイスラマバード小児病院建設計画[4]などがあげられる。近年では、JICAによるコハトトンネル英語版建設事業[5]ガジ・バロータ水力発電所建設事業英語版[6][7]が日本の援助を受けて完成したプロジェクトとして知られている。

両国間の高官レベルの会談も定期的に行われている。外交関係樹立50周年となった2002年には両国で記念式典が行われ、友好の歴史に重要な1ページとして加わることとなった。2014年時点で日本には1万1481人の在日パキスタン人が居住[3]、2015年時点での在パキスタン日本人は952人となっている[3]

文化交流[編集]

また、スポーツ面においても、新日本プロレスのパキスタン遠征でアントニオ猪木(ムハンマド・フサイン・イノキ)が地元のプロレスラー、アクラム・ペールワンと対戦するなど両国は交流を続けている[8][9]

外交使節[編集]

駐パキスタン日本特命全権大使[編集]

駐日パキスタン特命全権大使[編集]

  1. ミアン・ジア・ウデュ・ディン(1952~1953年)
  2. オマール・ハヤット・マリクドイツ語版(1955~1959年)
  3. ムハンマド・アリ(1959~1962年)
  4. K・M・サイーク(1962~1966年)
  5. サイエド・マクブル・ムーシェド(1966~1970年)
  6. サイエド・モタヒール・フサイン(1970~1973年)
  7. S・M・カーン(1974~1976年)
  8. ジャムシェド・K・A・マルケル英語版(1976~1978年)
  9. カマール・ウル・イスラム(1979~1984年)
  10. ナジュムル・サキブ・カーン(1985~1988年)
  11. マンスール・アフメッド(1988~1993年)
  12. ムジャヒド・フセイン(1994~1998年、信任状奉呈は5月24日[10]
  13. トウキール・フセイン(1998~2003年、信任状奉呈は7月15日[11]
  14. カムラン・ニアズ(2003~2008年、信任状奉呈は4月28日[12]
  15. ヌール・ムハマド・ジャドマニ英語版(2009~2012年、信任状奉呈は3月2日[13]
  16. ファルーク・アーミル(2012年~、信任状奉呈は2013年2月15日[14]

関連項目[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]