日本とブータンの関係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本・ブータン関係
BhutanとJapanの位置を示した地図

ブータン

日本

日本とブータンの関係英語: Bhutan–Japan relations)は、日本ブータンの国際関係である。1986年3月28日に外交関係が開設された[1]

外交使節[編集]

日本は、インドニューデリーに非常駐の在ブータン日本国大使館を設置している[2]

要人往来[編集]

2011年11月16日、迎賓館にて会見を行う(左から)王妃、国王、日本皇太子(当時。令和時代の天皇)。

2011年11月15日から20日にかけて、ブータン国王であるドゥルック・ギャルポ英語版ジグミ・ケサル・ナムゲル・ワンチュクとその妃ジェツン・ペマが日本を国賓訪問した[3]

日本の皇族も度々ブータンを訪問している。

災害救援[編集]

ブータンは、氷河湖決壊洪水(GLOF)の災害救援について日本から援助を受けた。ブータン経済省英語版水文気象サービス局長カルマ・ツェリングは、急激な氷河湖の決壊による損失や損害を最小限に止めるための安価で効率的な早期警戒システムを構築するよう、ブータンが国際協力機構(JICA)から支援を受けていると語った。また、日本政府は氷河湖の目録を作り上げて、ヒマラヤ山脈地質学研究を行っている。日本の機関は、2016年までにブータンの同プロジェクトを完了する予定である[7]

観光[編集]

日本はブータンの観光業にとって成長市場のうちの一つである。2012年の早い段階で、ブータン観光評議会(TCB)のメディア担当プンツォ・ギェルツェンは、ブータンを訪問する日本人観光客の数が大幅に増加しており、日本がブータンの観光業において第1位の座に近づいていることを指摘した。また、ブータン当局は、とりわけワンチュク国王とジェツン・ペマ王妃が訪日してからこの国を訪問する日本人観光客が急激に増加したことについても触れた[8][9]

出典[編集]

  1. ^ 25th Anniversary of Establishment of Diplomatic Relations between Japan and the Kingdom of Bhutan”. MOFA. 2013年11月11日閲覧。 (英語)
  2. ^ Embassy of Japan in Bhutan” (英語). www.in.emb-japan.go.jp. Embassy of Japan in India. 2017年9月13日閲覧。
  3. ^ State Visit of their Majesties the King and Queen of Bhutan to Japan: Outline of Visit Programme and Appraisal”. MOFA (2011年11月21日). 2013年11月11日閲覧。 (英語)
  4. ^ Japan's Princess Mako to visit Bhutan, South Asia News & Top Stories - The Straits Times (英語) - 2017年5月10日
  5. ^ Princess Mako begins a nine-day official visit to Bhutan | The Japan Times (英語) - 2017年5月31日
  6. ^ 秋篠宮ご夫妻と悠仁さま、ブータンご到着 - 産経新聞、2019年8月17日配信、2019年8月18日閲覧。
  7. ^ Bhutan official praises Japanese aid in handling glacial outburst floods”. Japan Times (2013年8月2日). 2013年11月11日閲覧。 (英語)
  8. ^ Bhutan royals' visit to Japan boosts interest in travel to their country " Japan Today: Japan News and Discussion”. ジャパントゥデイ (2011年11月22日). 2013年11月11日閲覧。 (英語)
  9. ^ ‘Bhutan Fever’ in Japan | BBS”. Bbs.bt (2012年3月26日). 2013年11月11日閲覧。 (英語)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]