民主カンプチア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
民主カンプチア
កម្ពុជាប្រជាធិបតេយ្យ
クメール共和国 1975年 - 1979年 カンプチア人民共和国
民主カンプチア連合政府
カンプチアの国旗 カンプチアの国章
(カンボジアの国旗) (国章)
国歌: 栄光の4月17日
カンプチアの位置
公用語 クメール語
首都 プノンペン
国家元首/国家幹部会議長
1975年 - 1976年 ノロドム・シハヌーク
1976年 - 1979年 キュー・サムファン
首相
1975年 - 1976年 ペン・ヌート
1976年4月4日 - 1976年5月13日 キュー・サムファン
1976年5月13日 - 1979年
事実上独裁者
民主カンプチア指導者
  1975年4月17日 - 1979年1月7日
ポル・ポト
面積
1977年 181,000km²
人口
1977年 8,350,000人
変遷
プノンペン制圧 1975年4月17日
崩壊 1979年1月7日
3派連合政府樹立 1982年7月22日
通貨 廃止
カンボジアの歴史
Angkor Wat W-Seite.jpg
この記事はシリーズの一部です。
扶南国 (68–550D)
真臘 (550–802)
クメール王朝 (802–1431)
カンボジア王国英語版 (1431-1863)
フランス領インドシナ (1863–1953)
日本占領時期のカンボジア英語版 (1941–1945)
カンボジア王国 (1953–1970)
1970年クーデター
クメール共和国 (1970–1975)
民主カンプチア (1975–1979)
カンボジア・ベトナム戦争 (1975–1989)
カンプチア人民共和国/カンボジア国 (1979–1993)
カンボジア暫定国民政府/UNTAC/SNC (1991–1993)
カンボジア王国 (1993–現在)
年表

カンボジア ポータル
· ·

民主カンプチア(みんしゅカンプチア、クメール語: កម្ពុជាប្រជាធិបតេយ្យ / Kâmpŭchéa Prâcheathippadey)、はかつてカンボジアに存在した国家。1975年4月にカンプチア共産党(クメール・ルージュ)を主力とするカンボジア民族統一戦線 (FUNK) によるプノンペン制圧により、事実上誕生した。いわゆるポル・ポト政権の正式名称。

カンボジア全土を支配する政府としては、1979年1月のカンプチア人民共和国のプノンペン占領により崩壊した。その後亡命政府として存続し、国際社会の支援を受けカンボジア紛争を長期化させた。「民主カンボジア」とも表記される。政権時代には国民の総人口の30%~40%を殺害しカンボジア民族の絶滅の危機を起こした。

クメール・ルージュ支配[編集]

政権時代: 1975年4月17日1979年1月7日

国土全域が収容所化し、処刑場になった。 国家機関、教育、医療、交通、文化、宗教あらゆる社会システムが破壊され機能を完全に停止した。在外公館の外交官、職員も帰国を強制され帰国後全て処刑された。 政権期間中の閣僚名簿の閣僚のほとんどが就任時点で殺害されており、ベトナム侵攻時までに存命していたのは3名(ポル・ポトとポル・ポトの妻、そしてキューサムファン)である。オンカーパデワット(最高意思決定機関)という実態のない架空の言葉を使い、「オンカーからの指示である。」という口頭だけの指示命令を行っていた。ポル・ポトとキューサムファンの2人を頂点とした事実上のピラミッド型の恐怖独裁体制が特徴である。

  • 1975年4月17日、カンボジア民族統一戦線(ベトナム勢力を含むクメール・ルージュ)がプノンペン占領、クメール共和国(ロン・ノル政権)崩壊。同日ただちに国内のテレビ、ラジオ放送を停止し各家庭の電話機の没収、破棄、往来を禁じ応じない者はその場で殺害した。
  • 4月19日 午前10時半をもって全国の都市、農村からの待避という名目で強制徒歩移動しジャングル内にサハコーという強制収容所を建設させられる。立ち止まる。会話、声をあげて笑う、泣くとその場で家族ごと射殺した。
  • 1976年1月 全国をサハコー化。旧人類の全抹殺命令が実行される。
    • 1月5日 国名を民主カンプチアと改称。
    • 4月 シハヌークが国家元首辞任。
  • 1977年12月31日 ベトナムと国交断絶。
  • 1978年12月25日 ベトナム軍とカンプチア救国民族統一戦線(反ポル・ポト派)軍がカンボジア侵攻。
  • 1979年1月7日、ベトナムの支援を受けた救国民族統一戦線によるプノンペン占領で崩壊。

三派連合政府[編集]

亡命政府 : 1982年7月22日1992年10月23日

外交関係[編集]

民主カンプチアをポル・ポトとシアヌークを支援していた中華人民共和国が国家承認し外交関係を結んだ。中国は数千人の顧問団を派遣し、兵器、水路の建設などを指導し対価としてカンボジア産の米をバーターで引き取った。プノンペンの中国大使館の周囲をバラ線等で囲い防衛していた。オーストラリアイギリスなどいくつかの西側諸国は承認しなかったものの、アメリカ日本は国家承認し外交関係を結んだ。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]