ジパング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1544年に書かれ17世紀前半まで5か国語で合計35版発行された中世のベストセラー、ドイツ人セバスチャン・ミュンスター(Sebastian Münster)による著作「Cosmographia」に掲載されているアメリカ図。東アジア北東の多島海の中、歪な北アメリカのすぐ西にジパングが記されている。本図は1561年の版からの着色図である。

ジパングZipangu)は、中世近世ヨーロッパの地誌に現れていた東方の島国、日本のことである。

語源[編集]

語源については、「日本国」を中世の中国語で発音した音[1]が語源とされ、ヨーロッパにはマルコ・ポーロCipangu(あるいはChipangu)として最初に紹介したと言われる。なお10世紀頃から地理学者イブン・フルダーズ=ビフ Ibn Khurdādh-Bih などをはじめアラビア語ペルシア語の地理書において、後のジパングにあたると思われる金山を有する島(国)、ワークワークالواقواق al‐Wāqwāq, 倭国か)について都度都度言及されている。

現代の多くの言語で日本を意味する Japan/Japon/Giappone/Yaponiya などの言葉は、一般にジパングが語源とされるが、ポルトガルが到達した16世紀頃の東南アジアで日本のことを中国語からの借用語で Japang と呼んでいたことに由来するという説など、異説もある。

日本ではマルコ・ポーロが紹介した事実が非常によく知られており、日本の一種の別名としてとらえられている。

マルコ・ポーロの伝えたジパング[編集]

マルコ・ポーロの『東方見聞録』は、以下のように伝えている。

  • ジパングは、カタイ(中国大陸)の東の海上1500マイルに浮かぶ独立した島国である。莫大な金を産出し、宮殿や民家は黄金でできているなど、財宝に溢れている。人々は偶像崇拝者で外見がよく、礼儀正しいが、人肉を食べる習慣がある。
  • モンゴルクビライがジパングを征服するため軍を送ったが、暴風で船団が壊滅した。生き残り、島に取り残された兵士たちは、ジパングの兵士たちが留守にした隙にジパングの都を占領して抵抗したが、この国で暮らすことを認める条件で和睦して、ジパングに住み着いたという話である。
ジパングのモデルになったとされる中尊寺金色堂

マルコポーロが伝え聞いたジパングの話は、平安時代末期に奥州藤原氏によって平安京に次ぐ日本第二の都市として栄えた奥州平泉中尊寺金色堂がモデルになっているとされる。当時の奥州は莫大なを産出し、これらの財力が奥州藤原氏の栄華の源泉となった。 マルコポーロが元王朝に仕えていた13世紀頃、奥州地方の豪族安東氏は十三湖畔にあった十三湊経由で独自に中国と交易を行っていたとされ、そこからこの金色堂の話が伝わったものとされる。

モンゴル帝国時代の「ジパング」[編集]

モンゴル帝国時代、大元朝時代の「日本観」についてであるが、大元朝後期に中書右丞相トクトらによって編纂された『宋史』「日本伝」では、「年代紀に記するところ」として天御中主尊から天照大神尊などの二十三世、神武天皇から冷泉天皇、(宋代初期の)当代の守平天皇(円融天皇)までの約六十四代を列記し、「その地は、東西南北がおのおの数千里あり、西南は海に至り、東北隅は大山をもって隔てられている。山の外は毛人(蝦夷アイヌなど)の国である」「国中に五経の書及び仏経、白居易集七十巻があり、皆中国から得たものである。」「(土地は)五穀に宜しく、麦は少ない。」「絲蠶(蚕)を産し、多く絹を織るが(その布地は)緻密で愛すべきものである」「四時(春夏秋冬)の寒暑は」と記し、「東の奥洲」で黄金を産出し、対馬のことと思われる「西の別島で白銀を産出する」など、日本の地理などの情報は全体的にほぼ正確に伝えているが、「犀、象が多い」など事実と異なった記述も一部ある。

また、『集史』「クビライ・カアン紀」によると、東南方、「環海中、女直高麗جورجه و كولى Jūrja wa Kūlī)地方沿岸近くに大島があり、それはジマングー(جمنكوJimangū?)という名前である。(女直や高麗の地域から)400ファルサング(約 2,000 km)離れている」とあり、女直、高麗などから東南海上の彼方に大元朝に敵対する地域として「日本国」の音写とおぼしき「جمنكو j-m-n-k-w」と呼ばれる大島についての記述がある[2]

異説[編集]

地理学者イドリースィーの1154年製作の世界地図。上が南方向となっており、南方全体から東方にかけてをアフリカ大陸が覆う。地図の左端、アフリカ大陸東端に金泥で描かれた山があり、「ワークワーク」(الواق واق al‐Wāq‐Wāq)と書かれている。

上記のごとく、マルコ・ポーロのジパングが日本のことを指すという見方が現在一般的であるが、異説もある[3]

  • 中世の日本はむしろ金の輸入国であり、黄金島伝説と矛盾する。
  • マルコ・ポーロの記述やその他の黄金島伝説ではツィパングの場所として(緯度的にも気候的にも)明らかに熱帯を想定しており、実際の日本(温帯に属する)の位置とはかなり異なる。
  • 元が遠征に失敗した国は日本以外にも多数存在する。

などの理由から、ジパングと日本を結びつけたのは16世紀の宣教師の誤解であるとする説もある。またジパングの語源としても、元が遠征した東南アジアの小国家群を示す「諸蕃国」(ツィァパングォ)の訛りであるとする。またイスラーム世界(アラビア語・ペルシア語圏)に伝わった日本の旧称「倭國」に由来するといわれる「ワークワークالواقواق al‐Wāqwāq)」ないし「ワクワーク(الوقواق al‐Waqwāq)」は金山を有する土地として知られているが、「ワクワク」に類する地名はアラビア語・ペルシア語による地理書や地図においてアフリカや東南アジアによく見られる地名でもあり、日本のことを指したものではないとする説もある。

参考文献[編集]

※『東方見聞録』以外に「ワークワーク」について記述のある、日本語訳されているアラビア語地誌などもあげる。
  • マルコ・ポーロ『東方見聞録』(愛宕松男 訳注) 全2巻, 平凡社, 1970年3月-1971年3月. (東洋文庫 158,183).
  • 『シナ・インド物語』(藤本勝次訳注). 関西大学出版・広報部, 1976年3月. (関西大学東西学術研究所訳注シリーズ 1).
  • ブズルク・イブン・シャフリヤール編著『インドの不思議』(藤本勝次, 福原信義訳注)関西大学出版広報部, 1978年4月. (関西大学東西学術研究所訳注シリーズ 2).
  • 家島彦一『海域から見た歴史―インド洋と地中海を結ぶ交流史』(名古屋大学出版会2006年
  • 『中国とインドの諸情報』(第一の書 著者不明、第二の書 スィーラーフ出身のアブー・ザイド・アル=ハサン著, 家島彦一訳注)全2巻 (平凡社2007年9月 - 12月刊)
  • 的場節子『ジパングと日本 日欧の遭遇』(吉川弘文館2007年


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大元朝時代後期に編纂された韻書中原音韻』(1324年)などから再現される大元朝時代前後の近古音を対応させると「日」は riət入声)、「本」は puən上声)、「国」は kuo入声)に比定される。一方、同じ大元朝時代にパスパ文字と漢字音を対応させた朱宗文 撰の韻書『蒙古字韻』(1308年)によると、「日」は ži入声、「本」は bun上声、「国」は guṷ入声にそれぞれ分類されている。
    現代ピンインの場合 /rì-běn-guó/ となり「リーペンクォ」と発音。
  2. ^ 『集史』の校訂者の一人であるフランスの東洋学者ブロシュ E. Blochet は「جمنكوj-m-n-k-w」を「日本國」 Dji-pen-koué の音写であるとし、脚注においてマルコ・ポーロの "Sypangu" に対応したものだろうと論じている。Djami el-Tévarikh, Histoire générale du monde par Fadl Allah Rashid ed-Din, Tarikh-i Moubarek-i Ghazani, Histoire des Mongols, (Contenant l'histoire des empereurs mongols successeurs de Tchinkkiz Khaghan, tome II), éditée par E. Blochet, Leyden-London, 1911., p.498.参照。
  3. ^ 的場節子『ジパングと日本 日欧の遭遇』(吉川弘文館2007年

関連項目[編集]