先生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

先生(せんせい)とは、日本語敬称の一つである。

使用例[編集]

一般的に先生という敬称が使われるのは、以下のようなケースがある。

日本語以外の言語における先生[編集]

中国語では名前に「○○先生」とするのは、日本語の「○○さん」に当たり、同じ漢字文化圏であるが特別な敬称を意味するものではない。

この単語は英語に「Sensei」として取り入れられており、「恩師」「学ぶ人」「ある場所で教育を受ける」「社会的知識を持っている人」という意味で使用される。日本語の「先生」よりも、少し高度な印象を受ける言葉とされる[1]

パラオ語で先生はSenseiである[2][3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 日本共産党など、一部の政党で先生呼びが忌避されている場合もある。

出典[編集]

関連項目[編集]