世界教師デー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • 世界教師の日
世界教師デー
世界教師デー
挙行者 国際連合の旗 国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)
日付 10月5日
関連祝日 教師の日
テンプレートを表示

世界教師デー (: World Teachers' Day、せかいきょうしデー) とは、毎年10月5日に行われる国際デーである。1966年に国際連合教育科学文化機関 (ユネスコ/UNESCO) と国際労働機関 (ILO) により「教員の地位に関する勧告」が採択されたことを記念し[注 1]1994年から開催されている[2][3]。世界教師デーは、「世界中の教育者の立場を認め、評価し、改善する」ことに焦点をあて、教師や教育に関連する問題を検討する機会となることを目的としている[4]

概要[編集]

国際連合教育科学文化機関は、世界教師デーを通じて、教師が教育を行う権利や子供たちが教育を受ける権利の重要性について、認識や理解を求めている。

教育インターナショナル英語版 (EI) [注 2]は、世界教師デーが国際的に認識され祝福されるものと強く期待している。そして、世界中の国で実施されるために、1966年1997年の推薦の原則が考慮されるべきであるとしている。

100ヶ国以上で、国際教師デーが実施されている。教育インターナショナルと、それに属する401の会員組織が普及の努力をしている。 毎年エデュケーション・インターナショナルは、教育に従事する者たちが社会的に貢献していることをよく理解してもらえるようにキャンペーンをしている。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 教員の地位に関する勧告は、世界中の教師の地位や立場に対応する国際基準となる文書である[1]
  2. ^ 教育インターナショナルは、173か国のメンバーで構成される教師の国際的な組織である[5]

出典[編集]

  1. ^ Power, Colin (2014). The Power of Education: Education for All, Development, Globalisation and UNESCO. New York: Springer. pp. 191. ISBN 9789812872210 
  2. ^ UNESCO; International Labour Organization (2008) (英語). The ILO/UNESCO Recommendation concerning the Status of Teachers (1966) and The UNESCO Recommendation concerning the Status of Higher-education Teaching Personnel (1997) with a user's guide. https://unesdoc.unesco.org/ark:/48223/pf0000160495 
  3. ^ World Teachers' Day - 5 September 2017” (英語). UNESCO (2017年9月13日). 2021年10月5日閲覧。
  4. ^ Frequently Asked and Questions | Education | United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization” (英語). www.unesco.org. 2017年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月5日閲覧。
  5. ^ 小学館. “教育インターナショナル 日本大百科全書 (ニッポニカ)”. kotobank.jp. 2021年10月5日閲覧。

関連項目[編集]