メスロプ・マシュトツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
聖メスロプ・マシュトツ。

メスロプ・マシュトツ(Մեսրոպ Մաշտոց/Mesrop Mashtots, 360年 - 440年2月17日)は、アルメニア人で、アルメニア文字を考案した人物として知られる。その功績をもって、アルメニア教会により聖人とされている。

文字の創始[編集]

アルメニアの歴史書によれば、メスロプ・マシュトツがアルメニア文字を創り出したのは404年から406年ごろのことである。彼がさらにグルジア文字アルバニア文字も創ったという説もあるが、その信憑性は否定されている。文字が創始されたのはアルメニアがローマペルシャに分割支配されていた時期であった。文字は思考・創造の武器として民族に多大な影響を与えたものはなかった。文字が創始されるまでは、ギリシャ文字アッシリア文字を使って書いていた。聖書のアルメニア語訳が伝導に必要であったので、民族の文字が必要であった。

首都エレヴァン近郊のオシャカン(Oshakan)の教会に墓がある。1993年から1995年まで発行されていた100ドラム紙幣に座像が使用されていた。

参考文献[編集]