音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!
監督 三木聡
脚本 三木聡
製作 山野晃
若林雄介
製作総指揮 豊島雅郎
青木竹彦
柳村努
出演者 阿部サダヲ
吉岡里帆
千葉雄大
麻生久美子
小峠英二バイきんぐ
片山友希
中村優子
池津祥子
森下能幸
岩松了
ふせえり
田中哲司
松尾スズキ
撮影 相馬大輔J.S.C.
編集 高良真秀
制作会社 パイプライン
アスミック・エース
製作会社 映画「音量を上げろタコ!」製作委員会
配給 アスミック・エース
公開 2018年10月12日
上映時間 107分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 1億4300万円[1]
テンプレートを表示

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』(おんりょうをあげろたこ!なにうたってんのかぜんぜんわかんねぇんだよ!!)は、2018年10月12日に公開された日本映画。監督は三木聡、主演は阿部サダヲ

脅威な声を持ったロックシンガー・シンと声が小さすぎるストリートミュージシャン・ふうかが謎の組織に追われるロックコメディ[2]

あらすじ[編集]

世界的ロックシンガーのシンは4オクターブの音域を持ち人々を虜にしてきた。しかしそんなシンの歌声には秘密があり、この声は声帯ドーピングという禁断の手段によって手に入れたものだった。あるときシンは声が小さすぎるストリートミュージシャンの明日葉ふうかと出会い、内気なふうかにシンは罵声を浴びせる。シンの言葉に自信を失ったふうかは引きこもってしまうが、シンに強引に引っ張られる形でオーディションを受けることになる。正反対の2人だったが、ふうかがシンの素顔を知っていくうちに距離を縮めていく。そしてふうかはシンの喉の秘密を知ってしまう。あろうことか、すでにシンの喉は声帯ドーピングのやりすぎにより崩壊寸前状態。その頃、シンのレコード会社は彼の歌声を巡りある陰謀を企てていた。ふうかはシンを守るために2人で逃亡をする。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督・脚本:三木聡
  • 音楽:上野耕路
  • エグゼクティブプロデューサー:豊島雅郎、青木竹彦、柳村努
  • プロデューサー:山野晃、若林雄介
  • 撮影:相馬大輔J.S.C.
  • 照明:佐藤浩太
  • 録音:久連石由文
  • 美術:磯見俊裕、露木恵美子
  • 装飾:布部雅人
  • 編集:高良真秀
  • 音響効果:松浦大樹
  • ヘアメイク:橋本申二
  • スタイリスト:西留由起子
  • 特殊造形:西村喜廣
  • 鉄道具:大澤克俊
  • 助監督:塩崎遵
  • 制作担当:大熊敏之
  • ラインプロデューサー:齋藤悠二
  • ポストプロダクションプロデューサー:篠田学
  • VFXスーパーバイザー:大萩真司
  • 音楽プロデューサー:安井輝、西條善嗣
  • 宣伝プロデューサー:森朋子
  • 制作プロダクション:パイプライン
  • 配給・制作:アスミック・エース
  • 製作:映画「音量を上げろタコ!」製作委員会(アスミック・エース、GYAOWOWOWポニーキャニオンニッポン放送ローソンエンタテインメント

主題歌[編集]

「人類滅亡の歓び」(Ki/oon Music
作詞:いしわたり淳治[3] / 作曲:HYDE[3] / 歌:SIN+EX MACHiNA
「体の芯からまだ燃えているんだ」(Ki/oon Music)
作詞・作曲:あいみょん[4] / 歌:ふうか

その他にも多数のアーティストが楽曲を提供し劇中で使われている[3]

脚注[編集]

  1. ^ 『キネマ旬報』2019年3月下旬特別号 p.61
  2. ^ 映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』阿部サダヲ×吉岡里帆にインタビュー”. ファッションプレス (2018年10月9日). 2018年10月18日閲覧。
  3. ^ a b c 映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」特集|阿部サダヲ×三木聡対談 / コンピレーション盤全曲解説”. 音楽ナタリー. 2018年10月18日閲覧。
  4. ^ “吉岡里帆と阿部サダヲが思いきり歌う「音タコ」主題歌MVとメイキング解禁”. 映画ナタリー. (2018年9月26日). https://natalie.mu/eiga/news/301240 2018年10月18日閲覧。 

外部リンク[編集]