相澤冬樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
相澤 冬樹
(あいざわ ふゆき)
生誕1962年(59 - 60歳)
日本の旗 日本宮崎県
国籍日本の旗 日本
教育東京大学法学部
職業NHK社会部記者
大阪日日新聞論説委員
フリージャーナリスト
活動期間1987年 – 現在

相澤 冬樹(相沢 冬樹、あいざわ ふゆき、1962年 - )は、日本ジャーナリスト。かつては、日本放送協会(NHK)で記者、大阪日日新聞論説委員を務めていた。

来歴[編集]

宮崎県の出身で、ラ・サール高等学校を経て東京大学法学部へ進学。大学卒業後の1987年日本放送協会(NHK)へ記者職で入局すると、山口放送局神戸放送局・東京報道局の社会部で記者、徳島放送局でニュースデスク、大阪放送局大阪府警察記者クラブのキャップ、『NHK BSニュース』で制作担当を歴任した。

2012年にNHK大阪放送局へ再び赴任すると、2016年から大阪司法記者クラブのキャップ[1]として、森友学園問題を取材[2]。しかし、2018年5月に考査部への異動を命じられたため、同年8月31日付でNHKを退職した[3]

2018年9月に新日本海新聞社へ入社。同社が運営する大阪日日新聞論説委員・記者[4]を務めるかたわら、森友学園問題に関するルポルタージュを相次いで発表したほか、2021年7月から個人の立場で「相澤冬樹のリアル徒然草」(無料登録制のニュースレター)を発行している[5]。2021年7月31日付で新日本海新聞社を退社したことを機に、フリージャーナリストへ転身[6]

著作[編集]

単著[編集]

  • 相澤冬樹 『安倍官邸vs.NHK ―森友事件をスクープした私が辞めた理由―』文藝春秋、2018年12月13日。ISBN 978-4163909578 
    • 『メディアの闇 ―「安倍官邸 VS.NHK」森友取材全真相―』(文春文庫・増補版、2021年1月4日)ISBN 978-4167916336

共著[編集]

  • 赤木 雅子、相澤 冬樹 『私は真実が知りたい 夫が遺書で告発「森友」改ざんはなぜ?』文藝春秋、2020年7月15日。ISBN 978-4163912530 

出演番組[編集]

テレビ[編集]

インターネット動画配信[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]