向井太一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
向井 太一
生誕 (1992-03-13) 1992年3月13日(27歳)
出身地 日本の旗 日本福岡県
ジャンル
職業
活動期間 2010年 -
レーベル illxxx Records(2016年)
Eggs(2016年)
MIYA TERRACE(2016年 - )
共同作業者
公式サイト http://taichimukai.com/

向井 太一(むかい たいち、1992年3月13日 - )は、日本の男性シンガーソングライター。自身では、リズム・アンド・ブルースの要素を軸に、オルタナティヴアンビエントエレクトロなどの要素を盛り込んだ楽曲を作っていると称している[1]

経歴[編集]

デビューまで[編集]

福岡県に生まれ、地元の音楽高校を卒業した後、2010年に上京して、ジャズファンク系のバンドでボーカリストとして活動を始め、2013年からはソロ活動に入る。 2012年ごろからは自身のSoundCloudに音源をアップロードするようになる[2]。当サイトでは2016年4月から12月までの間、毎月新曲をアップロードするという企画も実施した[3]2015年からは、ファッション雑誌『men's FUDGE』のウェブサイトにブログエッセイを寄稿し始めた[1]

2016年[編集]

2016年3月、illxxx RecordsからファーストEPとなる『POOL』をリリース。その後、トイズファクトリーの新レーベル、MIYA TERRACEと契約し、10月26日にタワーレコード限定シングル「SLOW DOWN」をEggsレーベルからリリースする[4]

11月には、プロデューサーにstarRoyahyel等を迎えたセカンドEP『24』がリリースされた。

2017年[編集]

2017年7月、配信限定でシングル「FLY」をリリース。この楽曲はLUCKY TAPESのフロントマンである高橋海がプロデュースを担当している[5]。翌月23日には「FLY」や、SoundCloud上で公開されていた楽曲などを収録したEP『PLAY』をサブスクリプションサービス限定でリリース[3]。また、8月19日には、自身初となる「SUMMER SONIC」への出演を果たした[6]

同年10月には、ラッパーのSALUとの共作となるシングル「空」を配信限定でリリースした[7]

同年11月8日、あっこゴリラのEP『GREEN QUEEN』収録曲「ゲリラ × 向井太一」に参加。同曲はSpotifyのCMソングとしてテレビ等で放送された[8]

同月29日にはファーストアルバム『BLUE』をリリース。ボーナストラックとして収録される「FREER」は、サムスン電子スマートフォンGalaxy Note8」のCMソングに起用された[9]。「FREER」のミュージックビデオは、「Galaxy Note8」のカメラ機能のみを使用し、ロサンゼルスでロケ撮影を行って制作された[10]

2018年[編集]

2018年1月、『BLUE』を引っさげた自身初のツアー「"BLUE" TOUR 2018」を東阪で開催[11]

2018年5月、tofubeatsのプロデュースによる新曲「Siren」を発表。当楽曲はテレビ番組「関ジャム 完全燃SHOW」の2018年上半期ベスト企画で音楽プロデューサーの蔦谷好位置に第3位として選出され、話題を呼んだ[12]

同年6月には“愛”をテーマにした配信限定EP『LOVE』をリリース。iTunes総合チャートでトップ5入りをするヒットを記録する[13]。8月にはこのEPを引っさげたセカンドツアー「LOVE TOUR 2018」を東京・大阪・福岡で開催。チケットは販売後すぐにソールドアウトした[13]

2018年8月、配信限定シングル「Crazy」をリリース。9月にはテレビアニメ「風が強く吹いている」のエンディングテーマとなった「リセット」を同じく配信限定でリリースする。翌月にはLUCKY TAPESの高橋海プロデュースの配信限定シングル「Pure」をリリースし、3か月連続のシングルリリースとなった。

同年11月28日、自身2枚目となるフルアルバム『PURE』を通常盤・初回限定盤の2形態でリリース。このアルバムには以前から向井の楽曲のプロデュースを担当しているmabanuaや高橋海のほか、蔦谷好位置m-flo☆Taku TakahashiKREVAなどを製作陣に迎えた[14]

同年12月から2019年1月にかけて、『PURE』を引っさげた全国ツアー「PURE TOUR 2018-2019」を自身最大規模となる全国6か所で開催。ツアーファイナルとなる大阪公演にはKREVAがゲスト出演する[15]

2019年[編集]

2019年2月1日、テレビアニメ「風が強く吹いている」第2クールのエンディングテーマとして起用された「道」と、『PURE』収録曲のリアレンジ「Break up (Part2) feat.☆Taku Takahashi (m-flo)」を配信限定リリース。

同年3月には自身の誕生日を記念したスペシャルライブ「27」を東阪のビルボードライブで、そして自身初のアジアツアーを台湾、北京、深圳、上海、韓国で開催する。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

スタジオアルバム[編集]

タイトル アルバム詳細 チャート最高位
日本の旗Billboard 日本の旗Oricon 日本の旗Billboard
Digi.
BLUE 55 70 23
PURE 26 47 24

EP[編集]

タイトル アルバム詳細 チャート最高位
日本の旗Billboard 日本の旗Oricon 日本の旗Billboard
Digi.
POOL
  • 発売日: 2016年3月30日
  • レーベル: ILLXXX
  • フォーマット: CD
24
PLAY
LOVE 75 26

シングル[編集]

発売日 タイトル フォーマット 収録アルバム
2016年10月26日 FLY CD 24
2017年7月14日 SLOW DOWN 音楽配信
ストリーミング
PLAY
BLUE
2017年10月27日 (feat. SALU) BLUE
2018年5月30日 Siren LOVE
2018年8月29日 Crazy PURE
2018年9月26日 リセット
2018年10月24日 Pure
2019年2月1日 未公表

プロモーショナル・シングル[編集]

発売日 タイトル フォーマット 収録アルバム
2018年10月3日 Rock Wit'cha 音楽配信
ストリーミング
アルバム未収録

参加シングル[編集]

発売日 タイトル フォーマット 収録アルバム
2017年12月21日 Period(過程)
(YonYon & 向井太一)
音楽配信
ストリーミング
未公表
2018年8月3日 Promises
(Jevon & 向井太一)
2018年8月31日 Slave of Love
(YOSA & TAAR featuring 向井太一 & MINMI)
2018年10月2日 Rendezvous
(吳卓源 & 向井太一)

脚注[編集]

  1. ^ a b はじめまして!”. 三栄書房 (2015年6月7日). 2016年11月13日閲覧。
  2. ^ TAICHI MUKAI”. 2019年1月29日閲覧。
  3. ^ a b 向井太一サブスク限定EP『PLAY』リリース!先行シングル“FLY”のミュージックビデオも公開!”. Qetic (2017年8月23日). 2019年1月29日閲覧。
  4. ^ ワールド・スタンダードな存在感を放つシンガー・ソングライター 向井太一、シングル“SLOW DOWN”を10月26日タワレコ限定で緊急発売”. タワーレコード (2016年9月21日). 2016年11月12日閲覧。
  5. ^ 向井太一の新曲“FLY”が本日配信 プロデュースはLUCKY TAPES高橋海”. CINRA.NET (2017年7月14日). 2019年1月29日閲覧。
  6. ^ <サマソニ>東京新ステージに向井太一、JDHFC、あっこゴリラら”. BARKS (2017年7月20日). 2019年1月29日閲覧。
  7. ^ 向井太一、“向井”と”SALU”が昼と夜・晴れと雨で対比した「空 feat. SALU」MV公開”. Music-man.net (2017年10月27日). 2019年1月29日閲覧。
  8. ^ あっこゴリラ「ゲリラ × 向井太一」が村上虹郎出演のSpotify新CMソングに”. 音楽ナタリー (2017年12月19日). 2019年1月29日閲覧。
  9. ^ “向井太一1stアルバム、ボーナストラックは「Galaxy」CMソング”. 音楽ナタリー. (2017年10月19日). https://natalie.mu/music/news/253378 2018年4月4日閲覧。 
  10. ^ “向井太一新曲「FREER」MVは「Galaxy Note8」カメラで撮影”. 音楽ナタリー. (2017年11月29日). https://natalie.mu/music/news/258667 2018年4月4日閲覧。 
  11. ^ “向井太一 初のツアー開催決定 SALU客演のMVも公開”. HMV. (2017年10月27日). https://www.hmv.co.jp/newsdetail/article/1710261031/ 2019年1月29日閲覧。 
  12. ^ “「関ジャム 完全燃SHOW」売れっ子音楽Pが選ぶ2018年上半期ベスト5発表!”. mora. (2018年7月17日). https://mora.jp/topics/news/kanjam2018kamihanki/ 2019年1月29日閲覧。 
  13. ^ a b 向井太一、デジタル限定EP『LOVE』収録曲「HERO」MV公開”. OKMusic (2018年7月16日). 2019年1月29日閲覧。
  14. ^ 向井太一 2ndフルアルバム『PURE』完成”. EMTG MUSIC (2018年11月27日). 2019年1月29日閲覧。
  15. ^ 向井太一ファイナル公演にKREVA参加決定!LINE LIVEにて生配信も”. Qetic (2019年1月29日). 2019年1月29日閲覧。

外部リンク[編集]