ガブリエル・ロベルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ガブリエル・ロベルト
Gabriele Roberto
生誕 (1972-12-02) 1972年12月2日
出身地 イタリアの旗 イタリアピエモンテ州クネオ
学歴 イギリス王立音楽院作曲科卒業
ジャンル 映画音楽インストゥルメンタルクラシック
職業 作曲家編曲家
活動期間 2005年 -
事務所 グランドファンク
公式サイト Gabriele Roberto

ガブリエル・ロベルトGabriele Roberto1972年12月2日 - )は、イタリア作曲家編曲家映画音楽CM音楽などを中心に活動し、日本での活動も多い。イタリア・ピエモンテ州クネオ出身で、現在もイタリア在住。日本での活動はグランドファンクに所属。

来歴[編集]

イタリアで作曲を学んだのち、イギリス王立音楽院作曲科にて学位を取得し、在学中のコンペティションで優勝を果たしている。

交際していた日本人女性の影響で菅野よう子の音楽が好きになり、菅野が所属する音楽制作会社グランドファンクにデモテープを送った[1]。そのテープは数年間放置されていたが、映画『嫌われ松子の一生』の音楽担当が難航していた際、たまたま音楽プロデューサーの耳に触れ、日本では無名のロベルトが抜擢されることになった[1]渋谷毅との連名で『嫌われ松子の一生』の音楽を制作し、2007年に第30回日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞した[2]

以後も日本の映画、ドラマ、CMなどの音楽制作を行っている。

作品[編集]

映画音楽[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

テレビアニメ[編集]

  • ZETMAN(2012年) - subleほかと共同

オーケストラ[編集]

  • トランペット協奏曲“Tokyo Suite”(2015年)[4]

CM音楽[編集]

受賞歴[編集]

テレビ出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「ブラウン管の向こうの音楽職人たち 第40回 金橋豊彦(株式会社グランドファンク代表)後編」『レコード・コレクターズ 2009年8月号』、ミュージックマガジン、2009年、124頁。
  2. ^ 第30回日本アカデミー賞優秀作品、日本アカデミー賞公式サイト、2012年4月11日参照。
  3. ^ 作品情報、イタリア映画祭2016、朝日新聞社、2016年7月3日閲覧。
  4. ^ オッタビアーノ・クリストーフォリ(客演首席奏者)大友直人 日本フィルハーモニー交響楽団テレビマンユニオンチャンネル、2016年7月3日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『劇場版 SPEC〜天〜』劇場パンフレット

外部リンク[編集]