はじめてのやのあきこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
はじめてのやのあきこ
矢野顕子スタジオ・アルバム
リリース
時間
レーベル ヤマハミュージックコミュニケーションズ
プロデュース 篠崎恵子矢野顕子
チャート最高順位
矢野顕子 アルバム 年表
ホントのきもち
2004年
はじめてのやのあきこ
2006年
akiko
2008年
テンプレートを表示

はじめてのやのあきこ』は、矢野顕子の26枚目のアルバム2006年3月8日発売。発売元はヤマハミュージックコミュニケーションズ

概要[編集]

2006年に30周年を迎えた矢野顕子の入門アルバムとして、ピアノ弾き語りによるセルフカバーアルバム。井上陽水忌野清志郎上原ひろみ小田和正槇原敬之YUKI(五十音順)が参加。井上陽水との書き下ろし新曲「架空の星座」も収録されている。 ジャケットは前作「ホントのきもち」に続き、アートディレクターの菊地敦己によるデザイン。

本アルバムに収録されている「ひとつだけ」は、2012年公開の映画『しあわせのパン』(三島有紀子監督)の主題歌に採用された。

収録曲[編集]

  1. 自転車でおいで with 槇原敬之(作詞:糸井重里、作曲:矢野顕子)
    • 原曲はアルバム『GRANOLA』(1987年)に収録。
  2. 中央線 with 小田和正(作詞、作曲:MIYA
    • THE BOOMの曲のカバー。アルバム『SUPER FOLK SONG』(1992年)では、矢野がピアノ弾き語りで演奏している。
  3. PRESTO(作詞、作曲:矢野顕子、岸田繁
    • 先行して発売されたシングル盤とは別のバージョン。
  4. ごはんができたよ with YUKI(作詞、作曲:矢野顕子)
  5. 架空の星座(作詞:井上陽水、作曲:矢野顕子)
    • 本アルバムでは唯一の新曲。
  6. ひとつだけ with 忌野清志郎(作詞、作曲:矢野顕子)
  7. そこのアイロンに告ぐ with 上原ひろみ(作詞、作曲:矢野顕子)
    • ボーカルで参加している他のアーティストと異なり、上原はピアノでの参加。
    • 原曲はアルバム『峠のわが家』(1986年)に収録。

YUKIの所属レーベルの関係から、iTunes Store配信版には「ごはんができたよ」が収録されていない。

外部リンク[編集]