音楽堂 (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
音楽堂
矢野顕子スタジオ・アルバム
リリース
録音 2009年9月7日〜11日
神奈川県立音楽堂
時間
レーベル ヤマハミュージックコミュニケーションズ
プロデュース 矢野顕子
チャート最高順位
ゴールドディスク
  • 第17回日本プロ音楽録音賞(ベストパフォーマー賞)
  • 矢野顕子 アルバム 年表
    akiko
    2008年
    音楽堂
    2010年
    荒野の呼び声 -東京録音-
    (2012年)
    テンプレートを表示

    音楽堂』(おんがくどう)は、矢野顕子の28枚目のアルバム2010年2月10日発売。発売元はヤマハミュージックコミュニケーションズ

    概要[編集]

    Home Girl Journey』に続く矢野顕子の4枚目のピアノ弾き語りによるアルバム。本来は2006年に録音、リリースされるべきところ、弾き語りシリーズをかねてから担当していたレコーディング・エンジニア吉野金次の急病により延期、吉野の回復を待って制作された。吉野にとっては録音現場に立ち会っての仕事としては、復帰第一作となる。

    レコーディングは全曲横浜市にある、神奈川県立音楽堂にて実施された。本作のタイトルは、ここに由来する。レコーディング風景は、NHK-BS2の番組「18年後のスーパーフォークソング」(2010年6月25日放映)において紹介された。

    吉野によると、「これまでの録音ではコンサートグランド(ピアノ)のバス(低音)が生かされていなかったことから、今回はバス用に2本のマイクを追加し、豊かなバスの音にアッコちゃんのボーカルがくるまれているようなイメージで録音した」とのことである。[1]

    アルバムジャケットのネコの写真は、動物写真家の岩合光昭による。

    本アルバムに収録されている「右手」は、第17回日本プロ音楽録音賞(ベストパフォーマー賞)を受賞した[2]

    収録曲[編集]

    1. グッドモーニング(作詞、作曲:岸田繁
    2. へびの泣く夜(作詞:糸井重里、作曲:矢野顕子)
    3. 椅子(作詞:伊藤アキラ、作曲:井上鑑
    4. 春風(作詞、作曲:岸田繁)
      • くるりのカバー。
    5. 犬の帰宅(作詞、作曲:鈴木慶一
    6. 嘆きの淵にある時も(作詞、作曲:岡林信康
    7. おかあさん(作詞:江間章子、作曲:中田喜直
    8. Say It Ain't So (作詞、作曲: リヴァース・クオモ
    9. きよしちゃん(作詞、作曲:矢野顕子)
      • きよしちゃんとは、忌野清志郎のことである。忌野の生前に、忌野の闘病を支援するために作詞作曲され、ライブではたびたび歌われていた。
    10. My Love(作詞、作曲:C. Jeffrey McLean)
    11. 右手(作詞、作曲:細美武士
      • ELLEGARDENのカバー。原曲は「My Own Destruction」収録。
      • DVD『音楽のちから』(2006年)で、先行公開されている。
    12. Vincent (作詞、作曲: ドン・マクリーン
    13. さあ冒険だ(作詞:森高千里S.Itoi、作曲:カールスモーキー石井
      • 和田アキ子のカバー。
      • 公募によるリクエストをもとにアルバムに採用された。
    14. Green Tea Farm (作詞、作曲:上原ひろみ
      • 上原ひろみのカバー。原曲は「プレイス・トゥ・ビー」収録(日本盤ボーナストラック)。ここでは矢野がボーカルで参加している。
    15. いい日旅立ち (作詞、作曲:谷村新司

    関連作品[編集]

    • 音楽のちから 〜吉野金次の復帰を願う緊急コンサート (2007年4月25日、グリーンドア)


    外部リンク[編集]

    脚注[編集]

    1. ^ 「18年後のスーパーフォークソング」(NHK-BS2 2010年6月25日放映)
    2. ^ http://www.mpn.jp/otonari/2010/12/_17.html