JAPANESE GIRL (矢野顕子のアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
JAPANESE GIRL
矢野顕子スタジオ・アルバム
リリース
録音 1973年5月
1976年2月3月
時間
レーベル 日本フォノグラム
プロデュース 小東洋
矢野顕子
矢野顕子 年表
JAPANESE GIRL
1976年
長月 神無月
1976年
テンプレートを表示

JAPANESE GIRL』(ジャパニーズ ガール)は、矢野顕子の1枚目のアルバム1976年7月25日発売。発売元は日本フォノグラム。LPは1998年に徳間ジャパンから再発売。CDは1988, 1994, 2002の各年に徳間ジャパンから、2011年にミディから発売。

概要[編集]

矢野顕子の個人名義でのデビュー作となるアルバム。A面(第1曲-第5曲、AMERICAN SIDEと名付けられている)には、バックバンドにリトル・フィートのメンバーが参加し、アメリカロサンゼルスで収録された。B面(第6曲-第10曲、JAPANESE SIDEと名付けられている)には、細野晴臣林立夫といったティン・パン・アレーのメンバー(第6曲)、あがた森魚かしぶち哲郎鈴木慶一鈴木博文駒沢裕城など、はちみつぱいムーンライダーズ系の演奏者(第9曲)といった、日本国内のアーティストが参加している。

プロデュースは「小東洋」名義で、矢野誠と、矢野顕子が務めている。実務面のディレクターは三浦光紀。ミックスは、2000年代に入っても矢野の音楽の録音を行うことになる、吉野金次が担当している。

本アルバムの特徴のひとつに、矢野のが幼少時代を過ごした青森の民謡をカバーしているほか、和楽器を積極的に使用するなど、日本の伝統音楽とロックのクロスオーバーが図られている点がある。タイトルはあがた森魚のアルバム『日本少年』(1976年)に由来し、本作はあがたの作品へのアンサーアルバムにあたる。

本アルバムのA面の録音の際の逸話として、リトル・フィートのリーダー、ローウェル・ジョージが、矢野の才能に驚嘆し、「僕たちの力不足でした。ギャラはいりません。」と語ったとされる[1]

収録曲[編集]

  1. 気球にのって (作詞・作曲:矢野顕子)
  2. クマ (作詞・作曲:矢野顕子)
  3. 電話線 (作詞・作曲:矢野顕子)
    • ライブアルバム『グッド・イーブニング・トウキョウ』、『TWILIGHT』(2000年発売)、ビデオ『矢野顕子S席コンサート』(1994年発売)、DVD『LIVEピヤノアキコ。』(2003年発売)に、ライブ演奏が収録されている。
    • 90年代前半の頃のライブアレンジで再録音されたバージョンが、シングル『すばらしい日々』(1994年発売)に収録。
    • 2003年にピアノ弾き語りでセルフカバーが行われている。ベストアルバム『ピヤノアキコ。』収録。
    • 2014年には、砂原良徳編曲のもと、セルフカバーが行われた(『飛ばしていくよ』収録)
    • 2000年代に入ってもたびたびライブで演奏されている、初期の代表作。
  4. 津軽ツアー (作詞・作曲:矢野顕子)
    • 津軽民謡「ホーハイ節」を元にしている。
    • 1977年発売のライブアルバム『長月 神無月』に、ライブ演奏が収録。
  5. ふなまち唄PartII (作詞・作曲:矢野顕子)
    • 矢野の故郷、青森の民謡(青森ねぶた祭)を元にしている。
    • 2009年発売のDVD『akiko LIVE 2008』に、ライブ演奏が収録。
  6. 大いなる椎の木 (作詞・作曲:矢野顕子)
    • 録音は、「ザリバ」から数えても矢野のデビュー前にあたる1973年であり、同年に発売が予定されていたアルバムの録音からの流用と思われる。
  7. へこりぷたあ (作詞:矢野顕子 作曲:矢野顕子・小東洋)
    • 一部の再発盤では「へりこぷたあ」と表記されているが、また歌詞ではそのように歌われているが、題名としては誤りである。
    • に、のちに人間国宝となる堅田喜三久が参加。
  8. 風太 (作詞・作曲:矢野顕子)
    • 題名は矢野誠との間にもうけた長男の名前より。
    • の合奏が特徴的である。
  9. 丘を越えて (作詞:島田芳文 作曲:古賀政男)
    • 藤山一郎の曲のカバー。
    • この矢野のカバーバージョンは、映画『卓球温泉』(1998年)の主題歌に用いられた。
  10. ふなまち唄PartI (作詞・作曲:矢野顕子)
    • 日本太鼓、笛に山上進が参加。
    • 楽器にある「吉野バケツ」とは、吉野金次が持っていたバケツの音がよかったため、楽器として採用したもの。

脚注[編集]

  1. ^ 矢野顕子『えがおのつくりかた』, オレンジページ, 2006年, p.59.

外部リンク[編集]