八村塁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
八村 塁
Rui Hachimura
Hachimura rui.jpg
2016年の八村
ゴンザガ大学  No.21
ポジション SF/PF
背番号 21
身長 203cm  (6 ft 8 in)
体重 102kg (225 lb)
ウィングスパン 215cm  (7 ft 1 in)
足のサイズ 34cm
基本情報
本名 八村塁
ラテン文字 Rui Hachimura
誕生日 (1998-02-08) 1998年2月8日(19歳)
日本の旗 日本
出身地 富山県
ドラフト  
選手経歴
2013-2016
2016-
明成高等学校
ゴンザガ大学
代表歴
キャップ 日本の旗 日本 U-17 2013
日本の旗 日本 U-18 2014
日本の旗 日本 2015-

八村 塁(はちむら るい, 1998年2月8日 - )は、富山県出身のバスケットボール選手。身長203cm、体重102kg[1]、父親がベナン人、母親が日本人[2][3]。ポジションはパワーフォワード/スモールフォワードアメリカ合衆国ゴンザガ大学在学中。

経歴[編集]

若齢期・高校[編集]

富山県で生まれ、幼少時は野球をやっていたが中学に入りバスケット部に転向、富山市立奥田中学校で第42回全国中学校バスケットボール大会準優勝[4]、大会ベスト5に選出される。 宮城県私立明成高等学校に入学し、1年生で出場した第44回全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会では、決勝戦でゴール下を支配し、32得点を挙げ、明成高等学校の優勝に貢献した。 2年生の第45回大会に於いても2年連続優勝に貢献し、第44回から2大会連続でベスト5に選ばれている。また2015年夏に開催された第68回インターハイでは、決勝で愛知県桜丘高等学校を92-69で破り初優勝した[5]。 ウインターカップ2015の男子決勝では34得点、19リバウンドを記録し、明成が78-73で土浦日大に逆転勝利で大会三連覇を達成した[6]

代表歴[編集]

  • 2013年9月イランで行われたバスケットボールアジアU-16選手権に出場、チームの大黒柱として活躍し3位に入り[7]、1998年の田臥勇太世代以来、日本のジュニア代表を15年振りに世界選手権出場に導いた。
  • 2014年8月ドバイで行われたU-17世界選手権で日本代表としてアメリカの代表と対戦した。日本代表は高校生のスタープレイヤーを揃えて臨んだが、122対38の大敗を喫した中で、八村はチームの38点のうち25得点を奪う孤軍奮闘を見せ、試合後のインタビューで八村は「すごく楽しかったです。苦しくないです。楽しくて苦しいんです。」と語っている[8]。八村はこの世界選手権で大会得点王(平均22.6点)を獲得した[2]
  • 2015年にバスケットボール男子日本代表候補に高校生選手としては唯一選ばれている[1][9]。代表の長谷川健志監督は「高校生離れしている」と語り、4年ぶりに代表候補に復帰した田臥勇太も「能力がある。うらやましい」と語っている[10]

プレースタイル[編集]

203cmという大柄な体格にも関わらず、走力が有り、スピードもある。技術的にはまだまだ発展途上だが身体能力の高さはNCAADiv1の強豪ゴンザガ大学でも最高クラスの評価を受けている。今後はウィングの動きに慣れハンドリングやシュート力をつけていく必要がある。 Sports Graphic Numberの取材で、好きな選手はミルウォーキー・バックスジャバリ・パーカーヤニス・アデトクンボニューヨーク・ニックスカーメロ・アンソニー、そしてデンバー・ナゲッツエマニュエル・ムディエイと答えている[11]

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 日本代表 平成27年度(2015年度)”. 日本バスケットボール協会 (2015年8月). 2015年8月22日閲覧。
  2. ^ a b 夢はNBA!日本バスケ界注目の八村塁!”. person-news.com (2015年8月30日). 2015年8月30日閲覧。
  3. ^ 八村塁のNCAA進学で期待される未来 最後のウインターカップに懸ける思いとは”. http://sports.yahoo.co.jp/+(2015年12月22日). 2016年1月閲覧。
  4. ^ 東日本大震災復興支援 平成24年度全国中学校体育大会 第42回全国中学校バスケットボール大会 公式サイト in 埼玉大会”. saitama.japanbasketball.jp (2012年). 2015年8月30日閲覧。
  5. ^ 第68回全国高等学校バスケットボール選手権大会(インターハイ)”. JBA (2015年). 2015年8月30日閲覧。
  6. ^ JX-ENEOSウインターカップ2015 最終日 明成が3連覇を達成し閉幕” (2015年12月29日). 2016年1月閲覧。
  7. ^ 第3回FIBA ASIA U-16男子バスケットボール選手権大会”. JBA.com (2013年9月). 2015年8月30日閲覧。
  8. ^ 【WCインタビュー】明成(宮城)八村塁:「すごく楽しかったです。苦しくないです。楽しくて苦しいんです(笑)」”. Jスポーツ (2014年12月30日). 2015年8月30日閲覧。
  9. ^ 高校生の八村塁が初選出 男子バスケ日本代表候補”. 日刊スポーツ (2015年6月15日). 2015年8月30日閲覧。
  10. ^ バスケ八村に田臥が「うらやましい」”. 日刊スポーツ (2015年7月1日). 2015年8月30日閲覧。
  11. ^ 目標は「NBAでプレーすること」八村塁、17歳の明るい宣言”. number.bunshun.jp (2015-07-). 2015-07-閲覧。

外部リンク[編集]