ブレンダー (職業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ブレンダーとは、香水コーヒー紅茶ブランデーなど、香りを伴う嗜好品の調合を行う職業のこと。香水については、調香師を参照されたい。

たばこ[編集]

以下では、たばこを調合するブレンダーについて記述する。

概要[編集]

ブレンダーは、300種類を超える原料を組み合わせ、一つの銘柄を作り上げる。そのため、ブレンダーは原料の香りを覚え、それを組み合わせることができる。たばこの葉にはAからCまでのグレードがあり、品種や部位と等級で分ける事により36種類となる。原産国によっても味が変わる為に300種類を超えるが、それを覚えるのには10年はかかるという[1]

ブレンダーの味覚は0.6グラムのたばこに50種から100種がブレンドされているが、100種類とすれば1000分の10グラム単位でたばこはブレンドされることになるが、ブレンダーはその違いを知覚できるとされる[1]

その味覚と嗅覚を維持する為に、葉のにおいや口で味を見る、たばこにして試吸する等の作業は欠かせないものとしている。 また、ブレンダーは味や香りの共有を求められる。味や香りの感じ方は人によって異なるためこれを統一させておかないと、先輩と後輩で同じ「辛い」たばこを調合しても、できあがる製品が異なるものになってしまうためである[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『「煙草を吸う」という仕事』2008年1月11日付配信 日経ビジネスオンライン