ブルーリボン運動 (受動喫煙防止運動)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブルーリボン

ブルーリボン運動(ブルーリボンうんどう)は、1999年カナダで始まった受動喫煙防止運動。日本では、他のブルーリボン運動との差別化を図るため I Love Clean Air ブルーリボン運動(ILCAブルーリボン)と称する。

1999年にカナダのブリティッシュコロンビア州リッチモンドにあるHugh Boyd Secondary Schoolが、ブルーのリボンをシンボルとする受動喫煙防止活動を開始。それが周辺に波及し、カナダ保健省が「Breath Air, Not Smoke」というキャッチフレーズを掲げ、運動を進めるまでとなった。

2003年ヘルシンキで行われた「タバコか健康か世界会議」ではブースを出し、参加者にブルーリボンを象ったバッジを配布して、運動の国際的なアピールも行った。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]