単式蒸留器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スコットランド、グレンフィディック蒸溜所の単式蒸留器

単式蒸留器(たんしきじょうりゅうき、単式蒸溜器Pot still)とは、毎回蒸留するつどアルコール発酵した酒のなどの蒸留する溶液を入れ、エタノールの蒸留が終了したら溶液を排出する方式の簡便な方式の蒸留器。日本の酒税法では単式蒸留機と表記されている[1]

特徴[編集]

単式蒸留器の大まかな構造は、発酵した醪を加熱する蒸留缶、発生した蒸気を冷却槽に送る導管、蒸気を冷却・凝縮させアルコールを取り出す冷却蛇管からなる[2]

単式蒸留器最大の特徴は単純な構造にあり、これが発酵醪を連続的に蒸留する方式の連続式蒸留器との最大の違いである。 それ故に、単式蒸留器でのエタノールの精製度は連続式蒸留器と比べると低いが、その反面発酵において生じた風味が残るという特徴もあり、本格焼酎(旧名・焼酎乙類)をはじめ、ブランデーウイスキー(モルトウィスキー)・ラム酒等の製造に用いられる。 特に、国内の本格焼酎の製造においては酒税法の規定により単式蒸留器を用いて製造しなければならないことになっている。

脚注[編集]

  1. ^ 酒税法3条10号イ
  2. ^ 玉村豊男 編『焼酎東回り西回り』紀伊國屋書店、1999年、ISBN 4877380671、p.232-233

参考文献[編集]

  • 『焼酎の事典』 菅間誠之助編著、三省堂、1985年ISBN 4-385-15574-7


関連項目[編集]