西谷町 (横浜市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
西谷町
西谷町の位置(横浜市内)
西谷町
西谷町
西谷町の位置
西谷町の位置(神奈川県内)
西谷町
西谷町
西谷町 (神奈川県)
北緯35度28分46.81秒 東経139度33分52.64秒 / 北緯35.4796694度 東経139.5646222度 / 35.4796694; 139.5646222
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 横浜市
保土ケ谷区
町名制定 1960年昭和35年)4月1日
人口
2021年(令和3年)7月31日現在)[1]
 • 合計 391人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
240-0052[2]
市外局番 045(横浜MA[3]
ナンバープレート 横浜

西谷町(にしやまち)は、横浜市保土ケ谷区の地名。「丁目」の設定のない単独町名である。住居表示未実施区域[5]

2020年に南・東側の部分が西谷として分離新設された。

地理[編集]

保土ケ谷区の北部に位置し、北西側は旭区川島町に接する。南に国道16号が通っている。西谷新設前の面積は0.620km2[4]

地価[編集]

住宅地の地価は、2014年平成26年)1月1日公示地価によれば、西谷町701番47の地点で20万円/m2となっている。[6]

歴史[編集]

古くは都筑郡上星川村・川島村の一部で、1889年明治22年)4月1日に両村が合併し西谷村となった。

  • 1927年昭和2年)4月1日に横浜市に編入、横浜市上星川町および川島町となる。
  • 同年10月1日に区制施行により保土ケ谷区に編入される。
  • 1960年4月1日に上星川町・川島町の各一部から西谷町が新設された[7]
  • 2020年10月19日に住居表示が実施され、西谷町(市街化調整区域を除く。)と川島町・上菅田町・東川島町の各一部から西谷一丁目から四丁目を新設。

世帯数と人口[編集]

2021年(令和3年)7月31日現在(横浜市発表)の世帯数と人口は以下の通りである[1]

町丁 世帯数 人口
西谷町 218世帯 391人

人口の変遷[編集]

国勢調査による人口(現西谷の範囲を含む)の推移。

1995年(平成7年) 6,403人 [8]
2000年(平成12年) 6,951人 [9]
2005年(平成17年) 6,891人 [10]
2010年(平成22年) 7,051人 [11]
2015年(平成27年) 6,933人 [12]

世帯数の変遷[編集]

国勢調査による世帯数(現西谷の範囲を含む)の推移。

1995年(平成7年) 2,498世帯 [8]
2000年(平成12年) 2,883世帯 [9]
2005年(平成17年) 2,909世帯 [10]
2010年(平成22年) 3,192世帯 [11]
2015年(平成27年) 3,272世帯 [12]

学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる(2021年8月時点)[13]

番・番地等 小学校 中学校
1011番地、1187〜1188番地
1189番地(国道16号以北)
1191番地
1192番地(国道16号以北)
1231〜1236番地、1244〜1251番地
横浜市立上菅田笹の丘小学校 横浜市立新井中学校
958〜961番地、964〜967番地
968番地の2〜10
968番地の12〜972番地
976〜987番地、995〜998番地
1000〜1010番地、1012〜1052番地
1053番地の4〜1054番地
1083番地(国道16号以北)
1084・1085番地(どちらとも国道16号以北)
1086〜1098番地、1175〜1186番地
1253〜1254番地、1256〜1257番地
1260〜1267番地、1269〜1275番地
1277番地〜1279番地の2
1280〜1281番地
横浜市立上菅田中学校

交通[編集]

道路[編集]

施設[編集]

その他[編集]

日本郵便[編集]

警察[編集]

町内の警察の管轄区域は以下の通りである[15]

番・番地等 警察署 交番・駐在所
全域 保土ケ谷警察署 西谷交番

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 令和3年(2021) 町丁別人口(住民基本台帳による) Page white excel.png (Microsoft Excelの.xls)” (日本語). 横浜市 (2021年8月6日). 2021年8月7日閲覧。 “(ファイル元のページ)
  2. ^ a b 西谷町の郵便番号”. 日本郵便. 2021年8月11日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年6月24日閲覧。
  4. ^ a b 横浜市町区域要覧” (日本語). 横浜市 (2018年7月9日). 2021年8月11日閲覧。
  5. ^ 住居表示実施町名一覧 (令和2年10月19日現在)”. 横浜市 (2020年10月29日). 2021年8月28日閲覧。
  6. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  7. ^ 『横浜の町名』1996年12月、横浜市市民局総務部住居表示課発行
  8. ^ a b 平成7年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年3月28日). 2019年8月16日閲覧。
  9. ^ a b 平成12年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年5月30日). 2019年8月16日閲覧。
  10. ^ a b 平成17年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2014年6月27日). 2019年8月16日閲覧。
  11. ^ a b 平成22年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2012年1月20日). 2019年8月16日閲覧。
  12. ^ a b 平成27年国勢調査の調査結果(e-Stat) - 男女別人口及び世帯数 -町丁・字等” (日本語). 総務省統計局 (2017年1月27日). 2019年8月16日閲覧。
  13. ^ 小・中学校等の通学区域一覧(通学規則 別表)”. 横浜市 (2021年8月5日). 2021-08-08]閲覧。
  14. ^ 郵便番号簿 2020年度版 (PDF)” (日本語). 日本郵便. 2021年8月7日閲覧。
  15. ^ あなたの街の交番は?”. 保土ケ谷警察署. 2021年11月23日閲覧。
  • 『県別マップル 神奈川県広域・詳細道路地図』2006年4刷 昭文社 ISBN 9784398626998
  • ちず丸(昭文社)2011年2月4日閲覧