てぃんさぐぬ花

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みんなのうた
てんさぐの花
歌手 中村浩子、杉並児童合唱団
作詞者 沖縄民謡
作曲者 沖縄民謡
編曲者 山本直純
映像 実写
初放送月 1966年8月-9月
テンプレートを表示

てぃんさぐぬ花」(てぃんさぐぬはな)は、沖縄本島を中心に伝わる沖縄民謡の1曲である。表題は文献により「てぃんさぐの花」「てんさぐの花」「てんさごの花」と紹介される場合もある。

概要[編集]

てんさぐの花

「てぃんさぐ」はホウセンカ(鳳仙花)のことで、沖縄県では古くからホウセンカの汁を爪に塗って染めるとマジムン(悪霊)除けの効果があると信じられていた[1]。1番から10番まであり、親や年長者の教えに従うことの重要性を説く教訓歌となっている。

1972年昭和47年)の沖縄返還以前、1966年(昭和41年)に「てんさぐの花」のタイトルでNHKみんなのうた』8-9月放送曲として山本直純編曲、中村浩子と杉並児童合唱団の歌唱で放送された。同番組で沖縄民謡が放送されたのは初である。放送後、1970年(昭和45年)に刊行された西崎嘉太郎/日本青少年音楽教育センター監修『日本うたの地図』(しなの出版)ではこの時点で未制定だった都道府県民歌に代えて本曲が「てんさぐの花」の表題で「沖縄を代表する曲」として掲載されている[2]

2003年平成15年)に開業した沖縄都市モノレール線(ゆいレール)では車内アナウンスで県庁前駅への到着を知らせるメロディに本曲が使用されている。また、2015年(平成27年)3月22日からはJR西日本大阪環状線大正駅で、沖縄文化色の濃いまちのイメージにちなんで本曲が発車メロディに使用されている[3]

県民愛唱歌への指定[編集]

沖縄は1972年5月15日アメリカ合衆国施政権下から日本へ返還され、日本の都道府県としての沖縄県が28年ぶりに再置された。同日には「沖縄県民の歌」が沖縄県章と合わせて制定されたが、県では2012年(平成24年)の復帰40周年を前に新しい県民愛唱歌「うちなぁかなさうた」の制定を検討していることが2011年(平成23年)の秋に報じられた[4]。新規の愛唱歌を制作するか、伝統的に愛唱されて来た曲を指定するかの二通りの案が並行して議論された結果、県民を対象にしたアンケートで「てぃんさぐぬ花」が圧倒的な支持を集めたので新規の愛唱歌制作は見送られ「てぃんさぐぬ花」を県民愛唱歌「うちなぁかなさうた」に指定することが2012年3月18日に発表された[5]

歌詞[編集]

作詞・作曲者不明。歌詞には地域や採録された時期により様々なバリエーションがあるが、ここでは代表的なものを掲載する。

琉球語 日本語(訳)
一、
てぃんさぐぬ花や
爪先(ちみさち)()みてぃ
(うや)ぬゆしぐとぅや
(ちむ)に染みり

二、

(てぃん)()(ぶし)
()みば()まりしが
(うや)ぬゆしぐとぅや
()みやならぬ

三、

(ゆる)()らす(ふに)
()方星(ふぁぶし)目当(みあ)てぃ
()()ちぇる(うや)
()んどぅ目当(みあ)てぃ

四、

宝玉たからだま)やてぃん
みが)かにばさび)
朝夕あさゆ)肝磨ちむみが)
浮世うちゆ)わた)

五、

まくとぅ)する人や
後や何時いつ)まで)いん
思事うむくとぅ)かな)てぃ
千代ちゆ)さかい)

六、

なしば何事なんぐとぅ)
なゆるくとぅ)やしが
なさぬゆい)からどぅ
ならぬ定み

七、

))らんくとぅ)
一人ちゅい)))
たげぇ)うじな)てぃどぅ
年や寄ゆる

八、

あてぃん喜ぶな
失なてぃん泣くな
人のよしあしや
後ど知ゆる

九、

さかい)てぃゆく中に  
慎しまななゆみ
ゆかるほど稲や
あぶし枕ぃ

十、

朝夕寄せ言や
他所よそ)の上も見ちょてぃ
老いのい言葉くとぅば)の 
余りとうむぅ)
一、
ホウセンカの花は
爪先に染めて
親の教えは
心に染み渡る

二、

天上に群れる星は
数えれば数え切れても
親の教えは
数え切れないものだ

三、

夜の海を往く船は
北極星を目当て(目印)にする
私を生んだ親は
私の目当て(手本)だ

四、

宝玉と言えど
磨かなければ錆びてしまう
朝夕と心を磨きながら
日々を生きて行こう

五、

正直な人は
後々のいつまでも
希望は叶えられ
末永く栄えるだろう

六、

何事も為せば
成るものではあるが
為さぬことは
いつまでも成らないだろう

七、

一人で出来ないことは
一人でやらず助け合いなさい
お互いに補い合って
世の中は成り立っている

八、

有っても喜ぶな
失っても嘆くな
それが良いことか悪いことかは
後々にわかることだ

九、

満たされている時ほど
謙虚さを忘れてはならない
稲穂が実ると頭を垂れて
あぜ道を枕にするように

十、

老人の朝夕の言には
真摯に耳を傾けなさい
老い先短い者の与太話などと
侮るべきではない

歌唱[編集]

他多数。

脚注[編集]

外部リンク[編集]