南風 (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
南風
夏川りみEP
リリース
ジャンル J-POP
レーベル ビクターエンタテインメント
チャート最高順位
  • 週間37位(オリコン
  • 登場回数155回(オリコン)
夏川りみ 年表
南風
2002年
てぃだ 〜太陽・風ぬ想い〜
(2002年)
『南風』収録のシングル
  1. 涙そうそう
    リリース: 2001年3月23日
テンプレートを表示

南風』(みなみかぜ)は、2002年3月21日に発売された夏川りみミニ・アルバムである。

概説[編集]

1曲目には夏川の名を一躍有名にした「涙そうそう」が収録されている。これはシングル「涙そうそう」やアルバム『てぃだ 〜太陽・風ぬ想い〜』に収録されているのと同じ音源である。これ以外は全て吉川忠英が編曲と伴奏を担当している。吉川は夏川の歌声を「まさに南国の夜にキラメく大きな星の様に、強く、やさしく、あたたかく、僕の心をくすぐってゆく」と評している[1]

第5曲の「てぃんさぐぬ花」は沖縄民謡で、他は全てカバー曲である。「童神」は夏川が愛唱している子守唄で、「胎教にいい」と評判にもなり[2]、夏川のレパートリーとして定着している。2003年9月26日にはシングル「童神〜ヤマトグチ〜」を発表しているが、ここに収録されているのはオリジナルのウチナーグチ・バージョンである。オリジナルの歌手の古謝美佐子との共演でもたびたび歌っており、2006年3月22日発売のアルバム『RIMITs 〜ベスト・デュエット・ソングス〜』には古謝とのデュエットによる「童神 〜太陽・月バージョン〜」が収録されている。

このほか「黄金の花」はネーネーズ、「イラヨイ月夜浜」は大島保克、「花」は喜納昌吉&チャンプルーズのそれぞれカバー曲である。夏川は「花」を2006年第57回NHK紅白歌合戦でも歌っている。

収録曲[編集]

  1. 涙そうそう
  2. 童神
  3. 黄金の花
  4. イラヨイ月夜浜
    • 作詞:大島保克/作曲:比嘉栄昇/編曲:吉川忠英
  5. てぃんさぐぬ花
    • 編曲:吉川忠英
  6. 涙そうそう(ウチナーグチ・バージョン)
    • ウチナーグチ訳詞:新城俊昭/編曲:吉川忠英

脚注[編集]

  1. ^ ライナーノート
  2. ^ ぴいぷる:ZAKZAK 夏川りみ