サービスカット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サービスカットは、映画テレビドラマ、あるいはアニメなどの映像作品や、ゲーム漫画などにおいて、その作品の本筋とはあまり関係なく[1]、もっぱらファンを喜ばせるために挿入されるカットを呼ぶ業界用語。サービスショットサービスシーン[1]ファンサービスともいう。

概要(演劇・実写)[編集]

起源は不明である。しかしながら、比較的一般的な手法として映画・テレビなどでは常用されている。しばしば見かけるものにお色気シーンがあるが、それ以外にも主演女性アイドルクローズアッププロモーション・フィルム的なシーンなども「サービスカット」と呼ばれる[1]。事例として有名なものに以下のようなものがある。

マリリン・モンローのスカートが地下鉄の通風口の上でめくれるというシーンがある。このケースでは、撮影現場でも多くの野次馬を集めたと伝えられており、単に映画中のサービスカットなだけではなく話題作りにも使われた。
たとえば1作目で、主演のシガニー・ウィーバーが宇宙服に着替えるために下着姿になるシーン。
由美かおるの入浴シーンが、あまり脈絡無く挿入されることで有名。この入浴シーンはすでにルーティンのカットとなっている。
エンディングに、主演の原田知世が主題歌を歌う映像(シークエンス)が付けられている。

他にも、たとえば『オン・ザ・ロード』で脈絡なく秋川リサの売春シーンが挿入された部分、『ラ・マンチャの男』(映画)でアルドンサ/ドルシネア姫を演じたソフィア・ローレンの服が剥ぎ取られそうになるシーンなど、事例は多い。

これらは、本編の魅力以外にもそのようなサービスカットによる魅力を付け加えることで、より興行性を高めようという目的のために行われるものである。ただし、あまりにサービスカットを濫用すると、低俗な印象を与え作品そのものの評価を引き下げることもある。

派生して、例えば『アイドル水泳大会』などで、水着や着衣がズレてハプニング的に乳房局部が露わになること(ポロリ)を「サービスカット」と呼ぶことがある。事態の発生を演出として意図している場合は専用のモデルが呼ばれているとも言われた。

漫画・アニメ[編集]

漫画においては、登場人物の入浴シーンなどで体を露わにしたり、下着(セミヌード)・水着姿などが挿入された場合に指すことがある。

ドラえもん』の源静香の入浴シーン(特に大長編ドラえもんでは1990年代まで殆どの作品に挿入)も知られる[1]

作者が自らそう言う場合もままある。

また、ハプニング的に生じるもの(例えば男性キャラの入浴中に女性キャラが意図せず偶然同じ浴室に踏み込み、全裸を見て赤面するなど)もサービスカットに捉えられることがある。

アニメにおいてもラブコメディ系統を中心に同種の場面が盛り込まれる事がままにある。

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f サービスカット/ サービスシーン”. 喫茶《ぱらだいすあ~み~》&同人用語の基礎知識. 2012年1月1日閲覧。