すすめロボケット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
すすめロボケット
ジャンル SF漫画
漫画
作者 藤子・F・不二雄
出版社 小学館
掲載誌 幼稚園
小学一年生小学二年生、小学三年生
レーベル 藤子・F・不二雄大全集
発表号 1962年1月号 - 1965年
巻数 全3巻
話数 全75話(大全集掲載分)
テンプレート - ノート

すすめロボケット』は、藤子・F・不二雄(発表当時は藤子不二雄名義[1])による日本の子供向けSF漫画作品。

概要[編集]

小学館学習雑誌幼稚園』『小学一年生』と『小学二年生』『小学三年生』において、1962年から1965年まで連載された。一話ずつだが例外として、『別冊少年サンデー』(小学館)、『こばと幼稚園』(集英社)にも掲載されている。

1963年、『てぶくろてっちゃん』とともに第8回小学館漫画賞を受賞[1]

2012年、小学館から『藤子・F・不二雄大全集』として刊行され、初めての単行本化が実現した[2]

2013年藤子・F・不二雄ミュージアムで上映される短編映画として初めてアニメ化された。

内容[編集]

主人公すすむと、「ロケット」と「ロボット」が一体化した「ロボケット」が、悪の組織やロボット怪獣などいろいろな事件に挑んで、最後に勝利して事件を解決していく。ロボケットは、普段はロケット型の体に顔や腕脚があり、人間のように主人公と会話したり食べたり歩いたりできるが、いざ事件が起きればロケット機となって主人公を乗せて飛行し、戦う。

シアターアニメ[編集]

すすめロボケット&ドラえもん 「決戦!雲の上の竜巻城」[3]のタイトルで初の映像化。藤子・F・不二雄ミュージアム施設内にあるFシアターで2013年8月28日から2014年9月2日まで公開。

声の出演
スタッフ

書誌情報[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 現在までの受賞者ならびに受賞作品”. 小学館漫画賞. 小学館. 2012年8月24日閲覧。
  2. ^ 藤子・F・不二雄大全集 第3期ラインナップ”. 藤子・F・不二雄大全集. 小学館 (2010年). 2012年8月24日閲覧。
  3. ^ Fシアターに新作映像登場!! 藤子・F・不二雄ミュージアム公式ブログ 2013年8月29日