PARマンの情熱的な日々

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
PARマンの情熱的な日々
ジャンル コミックエッセイ
漫画
作者 藤子不二雄
出版社 集英社
掲載誌 ジャンプスクエア
発表期間 2007年12月号 - 連載中
巻数 既刊4巻(2015年3月現在)
テンプレート - ノート

PARマンの情熱的な日々』(パーマンのじょうねつてきなひび)は、藤子不二雄(以下、藤子)による日本コミックエッセイ作品。『ジャンプスクエア』(集英社2007年12月号(創刊号)より連載開始。

概要[編集]

PARマンこと藤子が私生活の一部などを告白する、エッセイと漫画を融合した作品である。

なお、漫画『パーマン』の作者はかつて藤子不二雄の共同執筆者であった藤子・F・不二雄であるが、藤子は本作以前から趣味であるゴルフ用語の「パー」やスコッチ・ウイスキーの銘柄である「オールドパー」にちなみ、エッセイ「パーマンの指定席」や「パーマンゴルフ」において「パーマン」を自称として用いている。

内容に関しては非常に変わったスタイルを持っており、分かり易い解説文やコミカルな絵柄とは裏腹に劇画調、もしくは実際に撮影した写真を取り込んだカットが突然挿入されたりするなど、インパクトのある絵柄にしあがっている。また第1話では『笑ゥせぇるすまん』の喪黒福造と小池さんモブキャラとして登場した。

単行本は通常のコミックスよりも大きいA5版で値段も1680円と倍以上の値段になっており、ジャンプスクエアの掲載作以外に本作の企画を持ち込んだ茨木政彦前編集長や著名作家との対談などの企画ページも収録されている。

2015年、12月号をもって休載を発表[1]

登場人物(解説者)[編集]

PARマン氏
本名は藤子不二雄。半世紀以上に渡り名作漫画を描いてきた偉人。朝早くに妻に見送られてロマンスカーに乗り、ミルクティーを飲みながら車窓の外を眺めてアトリエに出勤するのが朝の日課。第1話ではアトリエに出勤するも途中で仕事を放棄し、プールやサウナに行ったり『ゴルゴ13』のさいとう・たかをと飲みに行ったりした。勿論その日はアトリエに戻らなかったという(しかし、そんな生活が続いていながら本人自身は半世紀以上の漫画家生活で一度しか原稿を落としたことが無いという異形の製作態勢を持つ)。
作中で自身の事を「わし」と呼んでいる(実際の藤子はメディア出演時や他のエッセイ漫画などで「ボク」という一人称を使う事が多い)。

単行本[編集]

藤子不二雄 『PARマンの情熱的な日々』 集英社、既刊4巻(2015年3月5日現在)

  1. 漫画家人生途中下車編 2010年9月3日発売 ISBN 978-4-08-780579-6
  2. 漫画家人生愉快にいこう編 2011年11月4日発売 ISBN 978-4-08-780628-1
  3. なんでもかんでも面白がろう編 2014年3月5日発売 ISBN 978-4-08-780716-5
  4. どこへでも飛んでいく編 2015年3月5日発売 ISBN 978-4-08-780752-3

脚注[編集]

  1. ^ 藤子不二雄A氏 連載休載へ…「バテた」「元気出るまで休ませて」”. スポニチアネックス (2015年11月5日). 2015年11月5日閲覧。

外部リンク[編集]