Uボー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Uボー』(ユーボー)は、藤子・F・不二雄による日本漫画作品、および本作に登場する架空の生物の名称である。毎日新聞子供向け週刊新聞毎日こどもしんぶん』において、1976年3月27日号(創刊号)から1979年8月2日号まで連載された。

概要[編集]

『毎日こどもしんぶん』創刊とともに、同紙のメインコンテンツとして掲載された作品[1]。同紙の読者が低年齢層の子供であることから、子供の目を引きつけることを狙って掲載されたもので、藤子・F・不二雄が『毎日小学生新聞』でデビューした縁で、藤子に白羽の矢が立った[2]

執筆にあたって編集側からの注文は何もなく、タイトルやテーマはすべて藤子に一任されていた[2]。読者が低年齢層であることだけは藤子に伝えられていたため、編集側の狙い通り、同時期に藤子が雑誌上で連載していた代表作『ドラえもん』よりももう一段階低年齢向けの、より空想に近い作品として描かれている[2][3]。主人公のUボーはドラえもん同様にさまざまな不思議な道具を出し、中には「スモールライト」「どこでもドアー[4]といったドラえもんのひみつ道具に通じるものがあるもの[3]の、これらはドラえもんと比較すると、楽しく遊ぶことが目的で用いられることが多い[5]

本作の連載は3年半で終了したが、藤子が他にも連載を抱えている中、オールカラーで週刊連載という負担の大きいであろう作品にもかかわらず、締め切りに遅れることは一度もなかったという[2]。連載終了後もしばらくの間は、Uボーは『毎日こどもしんぶん』のマスコットキャラクターとなり、販促などに用いられた[1]。また、連載当初はアニメ化の企画もあったという[5]

あらすじ[編集]

遠い宇宙から地球にやってきた空飛ぶ円盤、Uボー。意思を持ち言葉を話し、人を乗せるサイズから人間大の大きさにまで姿を変える。

すすむ少年の家に居候することになったUボーは、不思議な能力や口から出す様々な道具で、すすむとともに楽しい毎日を過ごす。

書誌情報[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「特別資料室」『Uボー』、376-377頁。
  2. ^ a b c d 加納嘉昭 「「Uボー」と「毎日こどもしんぶん」」『Uボー』、380-383頁。
  3. ^ a b Uボー : 初の単行本に”. 毎日小学生新聞 (2010年12月2日). 2010年12月24日閲覧。
  4. ^ 本作においては『ドラえもん』のものとは異なり、用途としてはむしろ「通りぬけフープ」の方に近い。
  5. ^ a b 「藤子・F・不二雄大全集 月報16-2」『Uボー』、2-3頁。