わかとの

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

わかとの』は、藤子不二雄による日本少年漫画作品、および作品中に登場する主人公の一人の通称。

概要[編集]

1964年(昭和39年)10号~47号までは「サンスケ」として、『週刊少年マガジン』(講談社)に連載。その後、登場サブ・キャラクターの「わかとの」人気に押され、「わかとの」として「サンスケ」が終了した翌年の1965年(昭和40年)2号~31号まで、同じく『週刊少年マガジン』に連載される。1968年(昭和43年)には講談社の『ぼくら』に「怪人わかとの」のタイトルで1年間連載された。

なお、「わかとの」の3話目より、スタジオゼロ雑誌部の仕事となり、クレジットが藤子不二雄とスタジオ=ゼロに変更される[1]。主人公の「わかとの」と一部のキャラクターは藤子・F・不二雄石ノ森章太郎が担当している。

ストーリー[編集]

大富豪の御曹司・わかとのと、お目付け役の発田利、さらにわかとのにライバル心を持つ銭湯「サンスケ湯」の息子サンスケ達が繰り出すドタバタ劇。

単行本[編集]

  • サンデーコミックス『わかとの』(秋田書店)全2巻
  • パワァコミックス『怪人わかとの』(双葉社)全1巻
  • 藤子不二雄ランド『わかとの』(中央公論社)全3巻
  • 藤子不二雄ランド『怪人わかとの』(中央公論社)全1巻
  • 藤子不二雄Aランド『わかとの』(ブッキング)全3巻
  • 藤子不二雄Aランド『怪人わかとの』(ブッキング)全1巻

補足[編集]

「サンスケ」「わかとの」「怪人わかとの」3作はいずれもアニメ化はされなかったが、1968年にイメージソング(作詞:藤子不二雄、作曲:いずみたく、歌:楠トシエ)を収録したEP番が、キングレコードから発売された。この歌は、キングから発売されたCD「楠トシエ大全」に収録されている。

脚注[編集]

  1. ^ 幸森軍也『ゼロの肖像』講談社、2012年、79頁。