フータくん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

フータくん』は、藤子不二雄による日本ギャグ漫画及び、架空のキャラクターの名称である。

概要[編集]

漫画雑誌『週刊少年キング』『別冊少年キング』(いずれも少年画報社)に掲載。1964年~1967年にかけて連載された。また、1982年から1年間、復刊した『少年KING』にて、リメイク版である『フータくんNOW!』が連載された。当時はヒット作で、表紙を描くことも多く、作者の最高傑作として挙げる人も決して少なくはなかったのだが、アニメ化には恵まれず、マイナー作となってしまった。

あらすじ[編集]

100万円貯金旅行編[編集]

フータくんが、「なんでも屋」をしながら無銭旅行を続け、その収益を元手にして100万円を貯金するというストーリー。(『週刊少年キング』1964年16号~1965年30号掲載)第一話(?)のリライトバージョンが2012年6月、「PARマンの情熱的な日々」にて描かれた。

日本の旅編[編集]

100万円を貯めたフータくんが日本一周をする。当時、沖縄は米軍施政下にあったが、日本国内として作品化されている。(『週刊少年キング』1965年31号~1966年19号掲載)

ナンデモ会社編(社長編)[編集]

フータくんが会社を興して社長になり、キザオと商売対決を繰り広げる。現在このシリーズのみ全作品が単行本未収録。(『週刊少年キング』1966年30号~1967年21号掲載)2014年配信の電子書籍版ではあたかもナンデモ会社編が収録されるかのように商品説明がなされていたが、結局収録はされず、商品説明も変更された。

番外編[編集]

『別冊少年キング』等に掲載された作品。概ねタイトルは「フータくんの○○しまショウ(または○○まショウ、○○でショウ)」であった。サンコミックス版に1話だけ日本の旅編に組み入れられて収録されている。(『別冊少年キング』1966年30号~1967年21号掲載)

フータくんNOW![編集]

『少年KING』に連載されたリメイク版。気まま旅を行くフータくんと、それに憧れるアイドルタレントのセイコ、勝手に取材と称しフータくんに付きまとうカメラマン・キシン、点画の放浪画家・キヨシ達が繰り広げるスラプスティック・コメディ。(『少年KING』1982年1号~1983年1号掲載)

キャラクター[編集]

フータくん
主人公で、100万円を貯めて日本一周旅行を夢見る少年。風来坊(フーテン、バガボンド)であり、彼の家族や家庭は一切登場しない。小さい頃にに蹴られ、それ以来赤いものを見ると怒り出す癖がある。
テツカブ
いつも鉄兜をかぶっている。藤子不二雄の『マンガニカ』によると、つのだじろうの長兄の角田喜代一が顔をガラスに貼り付けた時の顔がモデルであるという。又、赤塚不二夫の『おそ松くん』に登場する「ダ・ヨーン(のおじさん)」も同人物がモデルであるという。
キザオ
キザな少年。
トロオ
口癖は「アスパラガス!」

単行本[編集]

  • サンコミックスフータくん(全5巻)』朝日ソノラマ(絶版)
  • 藤子不二雄ランドマネー・ハンター フータくん(全7巻)』中央公論社(絶版)
  • 藤子不二雄ランド『フータくんNOW!(全1巻)』中央公論社(絶版)
  • 藤子不二雄ランドマネー・ハンター フータくん(全7巻)』ブッキング
  • 藤子不二雄ランド『フータくんNOW!(全1巻)』ブッキング
  • 藤子不二雄(A)デジタルセレクション『フータくん(全7巻予定) 』Amazon Kindle(2014年1月発売)
  • 藤子不二雄(A)デジタルセレクション『フータくんNOW!(全1巻予定) 』Amazon Kindle(2014年1月発売)

ソノシート[編集]

昭和40年頃にソノレコード株式会社からソノシートが発売されている(定価290円)。

原作のエピソード『おさいなら赤ちゃん(単行本タイトル『おそるべき赤ちゃん』)』をベースにしたドラマ『おさいなら! 赤ちゃんの巻』を収録。主題歌はソノシートのために新規に作られており、後に『黄色い手袋X~幻の漫画フォノシート主題歌コレクション』で初CD化された。

  • 主題歌:『フータくんのうた』(作詞:藤子不二雄、作曲:橋場清、歌:菅谷政子、野村道子)
  • キャスト
フータくん(菅谷政子
おじさん(吉原**)(*の部分は不明)
女の子(野村道子

テレビアニメ[編集]

1966年頃にテレビアニメ化が企画され、モノクロのパイロットフィルム日本放送映画[1]によって制作された。本放送ではカラーで制作される予定で日本テレビで1967年1月からの放送も決まっていたが[2]最終的に頓挫し、結局テレビアニメ化されることはなかった。

それから数年後に中国・四国地方でプロ野球中継の雨傘番組としてこのパイロット版が放送されたという話があるほか、広島で放送されたという話もあるが詳細は定かではない[3]

徳間書店から『TVアニメ25年史』が刊行された際、かつて本作の16ミリプリントを保管していたとされるフィルム倉庫を編集部が特定するに至ったが、フィルムそのものは発見できなかった[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 後に『ドラえもん』(第1作)を制作した日本テレビ動画の前身の前身
  2. ^ 「COM」昭和42年1月号「まんが・ジャーナル」
  3. ^ 『フータくん』パイロット・フィルムの謎を追う
  4. ^ 記憶のかさブタ「幻のパイロットフィルム特集」