小池さん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小池さん(こいけさん)は、藤子不二雄漫画に登場する架空の人物。

概要[編集]

ラーメンが大好きでいつもラーメンを食べている中年男性。天然パーマ(非常に癖が強くアフロヘアに近い)、眼鏡、締まりのない口でいつも不機嫌そうなしかめ面が特徴。モデルはアニメーター鈴木伸一で、ラーメン好きの設定も鈴木本人[1]

オリジナルのキャラクターデザイン藤子不二雄で、後に藤子・F・不二雄も使うようになったという。口が波線になっているのは新漫画党時代に森安なおやが描いた似顔絵(当時は互いに誕生日祝いとして描いていた)が元で、それを藤子が取り入れたという[2]。藤子不二雄の漫画『オバケのQ太郎』で初めて登場。元々は「小池さん」ではなく、「小池さん家に下宿している鈴木さん」であった。当時鈴木は小池家に下宿しており、スタジオ・ゼロで背景を担当していた野口竜がそれを忠実に再現し住宅の表札に「小池」と作画したことから、苗字が小池だと誤解されそのまま定着した[3]

『オバケのQ太郎』のほかに、『パーマン』や『ドラえもん』など藤子漫画の多くに登場。また職業も多岐(アニメーター・漫画家であることが多いが)にわたっていることから、一種のスターシステムとみられる。藤子両人や鈴木と友人だった石ノ森章太郎赤塚不二夫作品にも登場したことがある。赤塚作品では漫画『おそ松くん』の「クリーニング屋 まじめにやれよ」に二コマだけ登場している(竹書房8巻に収録)。

なお、『オバケのQ太郎』やその他の作品で小池さんが主に食べているのはインスタントラーメン袋麺)であり、カップラーメンではない。どんぶりに入れて食べていることもあれば、鍋から直接食べていることもある。初期の登場時にはカップラーメンは存在しなかったが、1985年のリメイク版アニメ『オバケのQ太郎』では、カップラーメンを食べる場面がある。

メインキャラクターの一人となっている『オバケのQ太郎』の「上にドがつく小池さん」の回ではモデルとなった鈴木と同様、職業はアニメーターとなっている。勤務先はスタジオ・ゼロをもじった「スタジオ・ボロ」となっており、後に結婚。新婚当初は即席ラーメンばかり食べていて栄養に悪いと判断した奥さんに手料理ばかり食べさせられて逃げてくるエピソードもある(最後にラーメン好きが奥さんに理解される結末で、その後はラーメンとたくさんの手料理を食卓に並べるシーンが何度か描かれている)。また『新オバケのQ太郎』では2人の子供も登場している。『ドラえもん』の「ドラえもんの大予言」(てんとう虫コミックス1巻収録)では顔も髪型も瓜二つの家族(妻と息子)が登場するが、『オバケのQ太郎』に登場する家族と顔が異なる。また『21エモン』では、コイケラス星人という宇宙人版の小池さんが登場している。

基本的には「一市民」的扱いで、ラーメンを食べていると主役陣に乱入される、ラーメンを台無しにされる、あるいはエキストラ的に現れることが多い。端役であることも多いものの、一話完結のストーリー中で中核をなす人物の場合もある。

シャ乱Qが第2回NHK-BSヤングバトル全国大会・グランプリで歌った「ラーメン大好き小池さんの唄」とそのリメイク「新・ラーメン大好き小池さんの唄」を出している(2006年5月31日発売のアルバム『まんぷくトランス』で西尾季隆(丁半コロコロ)がカバー)。

2017年に『中年スーパーマン左江内氏』が『スーパーサラリーマン佐江内氏』としてドラマ化された際には、原作には出番がないにもかかわらず、藤子作品のアイコンとしてレギュラーキャラとしてラーメンを好む小池刑事が新たに設定され、実写作品初登場となった。

鈴木伸一本人としての登場作品[編集]

正確には、「小池さん」ではないが、便宜上ここで記述する。

藤子不二雄の自伝作品では、よく小池さんの容姿のままでモデルとなった鈴木伸一本人が描かれている。なお、この傾向は、藤子不二雄(『まんが道』『愛…しりそめし頃に…』)と藤子・F・不二雄(『スタジオ・ボロ物語』)の両方にみることができ、彼らの中で「鈴木伸一の漫画絵」として「小池さん」のデザインが完成していることがわかる。

『忍者ハットリくん』[編集]

三葉ケン一(『忍者ハットリくん』の主人公)の担任教師として登場。レギュラーキャラクター扱いだったことがある特異な例。

初期のシリーズでは、鼻の下に髭があり、他の「小池さん」と区別されていたが、『新 忍者ハットリくん』からこれもなくなった。アニメでは、最初から区別がない。

学校教師という設定上、他の作品と違ってラーメンを食べるシーンはごく稀にしか登場しない。

声を担当した二又一成は、2012年現在、小池さんを担当した声優の中で、小池さんを演じた作品数が最も多い声優である。

小池さんが登場する作品[編集]

※名前を名乗っていなかったり、別名で登場している場合もあるが、以下、藤子不二雄の作品に登場する小池さん顔のキャラクターを挙げる。

脇役で登場する作品[編集]

メインキャラとして登場する作品[編集]

主役で登場する作品[編集]

なお藤子作品のうち、『ホアー!! 小池さん』を除く6作を収録した作品集『小池さん!大集合』が、藤子の画業60周年記念として復刊ドットコムより2012年2月下旬に発行された[5]

小池さんの役柄[編集]

ラーメンを食べているおじさん、もしくはアニメーターというイメージが強いが、実は作品によって役柄はさまざまである。(主に藤子不二雄A作品)以下、藤子不二雄の作品に登場する小池さん顔のキャラクターの役柄を挙げる。

小池さんを演じた声優・俳優[編集]

声優 作品名 役名(小池さん以外の場合のみ)
大竹宏 オバケのQ太郎(1965-1967、TBS系)
島田彰 新オバケのQ太郎(1971-1972、日本テレビ系)
広森信吾 オバケのQ太郎(1985-1987、テレビ朝日系)
ドラえもん(2001-2004、テレビ朝日系)
二又一成 忍者ハットリくん(1981-1987、テレビ朝日系) 小池先生
ドラえもん(1996、テレビ朝日系)
ビリ犬なんでも商会(1989、テレビ朝日系) 大池先生
笑ゥせぇるすまん(1989年、TBS系)
肝付兼太 ウルトラB(1987-1989、テレビ朝日系) 鈴本進一
峰恵研 パーマン(1983-1985、テレビ朝日系)
加藤治 21エモン(1991、テレビ朝日系) コイケラス星人
掛川裕彦 21エモン(1991、テレビ朝日系) 怪獣スズキラス
仲木隆司 21エモン(1991、テレビ朝日系) スズキラス将軍
坂東尚樹 21エモン(1991、テレビ朝日系)
山崎たくみ ドラえもん(時期不明、テレビ朝日系)
平野正人? キテレツ大百科(1993、フジテレビ系)[4]
龍田直樹 ウルトラ・スーパー・デラックスマン
(「藤子・F・不二雄のSF短編シアター」第3巻収録)
句楽兼人
中田隼人 インド版 忍者ハットリくん(2013、アニマックス 小池先生
矢嶋友和 インド版 忍者ハットリくん(2014、アニマックス)
ムロツヨシ スーパーサラリーマン左江内氏(2017、日本テレビ系) 小池郁男

脚注[編集]

  1. ^ 「トキワ荘」のまち 記念碑でPR 小池さんなど新たに2基 東京新聞、2016年12月13日。
  2. ^ 「開局15周年特別番組 TVアニメ50年の金字塔 スタジオ・ゼロ物語」(アニマックス、2013年7月13日放送)に出演した鈴木の証言。
  3. ^ 杉田篤彦 「石ノ森章太郎を継ぐ者 仮面ライダーマンガ家列伝 第7回 野口竜」『KODANSHA Official File Magazine 仮面ライダー Vol.2 仮面ライダー2号』 講談社2004年10月8日、33頁。ISBN 4-06-367092-9
  4. ^ a b パパとママと勉三さんが食べに行った屋台でラーメンを食べていた。セリフは「ごちそうさん!」のみ。
  5. ^ 「ラーメン大好き小池さん」づくしの藤子(A)傑作選マイナビニュース、2012年1月13日

関連項目[編集]