ひっとらぁ伯父サン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ひっとらぁ伯父サン』(ひっとらぁおじサン)は、藤子不二雄による日本読切漫画作品。ブラックユーモア短編の1作。1969年ビッグコミック』4月1日号(小学館)に掲載。1971年に朝日ソノラマから発行された、短編作品集の表題ともなった。

物語[編集]

平和な街に、突如として正体不明の男が流れ着く。彼はかのアドルフ・ヒトラーに身も心もそっくりだった。寄宿先の少年を手懐けたひっとらぁ伯父サンは、やがて狂気の本性を表し始める……

ひっとらぁ伯父サンの情熱的な日々[編集]

『ひっとらぁ伯父サン』の続編で、1971年『COM1月号』(虫プロ商事)に掲載。『白い童話』シリーズの第1作として発表された。

関連項目[編集]