ラーメン大好き小泉さん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ラーメン大好き小泉さん
ジャンル 料理・グルメ漫画学園
漫画
作者 鳴見なる
出版社 竹書房
掲載誌 まんがライフSTORIA
レーベル バンブーコミックス
発表号 vol.3 -
巻数 既刊6巻(2018年1月現在)
テレビドラマ
原作 鳴見なる
監督 松木創
脚本 久馬歩阿相クミコ
演出 松木創、池辺安智
制作 フジテレビ
放送局 フジテレビ系列
放送期間 2015年6月27日 - 7月18日
話数 全4話+TVSP2話
アニメ
原作 鳴見なる
監督 セトウケンジ
シリーズ構成 髙橋龍也
キャラクターデザイン 谷拓也
音楽 田中貴、細野しんいち
アニメーション制作 Studio五組AXsiZ
製作 「ラーメン大好き小泉さん」
製作委員会
放送局 AT-XTOKYO MXほか
放送期間 2018年1月 - 3月
話数 全12話
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

ラーメン大好き小泉さん』(ラーメンだいすきこいずみさん)は、鳴見なるによる日本漫画作品。本格派ラーメングラフィティ。

あらすじ[編集]

女子高生・大澤悠のクラスに、小泉さんが転校して来る。無口でミステリアスな小泉さんだが、実は彼女は日ごと美味しいラーメンを求める、ラーメンマニアだった。 東京近郊の関東首都圏が舞台とされ、大阪が遠くてなかなか行けないが、東京なら行けるという設定がある。

登場人物[編集]

声はアニメ版の声優、演はドラマ版の出演者とする。

主要人物[編集]

小泉さん(こいずみさん)
声 - 竹達彩奈[1] / 演 - 早見あかり
本作の主人公。高校1年生。身長152cm[2]
物語開始の数ヶ月前に転校してきた物静かな転校生。作中を通じ、未だにフルネームが明かされていない。見た目はロングウェーブ(金髪ではなくかん水の黄色のイメージ[3][注 1])が魅力的な美少女だが、その実態はラーメンをこよなく愛する大のグルメ通。
基本的にラーメン以外のことは興味がなく、社交性・協調性が著しく欠けているため、転校後は友人が1人もいなかった。また、時折ナンパされることもあるが、そのすべてを素っ気なく断っているなど、異性に対する関心も皆無。一方で、ラーメンがらみであれば敬遠している悠とも行動を共にすることがある。
ラーメンに関する知識とこだわりは他の追随を赦さず、突発的にご当地ラーメンが食べたくなると現地まで赴くなど行動力と執着心は高い。家系や変わり種のラーメンはもちろん、それほど得意ではないが激辛系のラーメンも好み。
華奢な体躯に反し、無類の大食漢。しかし、当の本人はその自覚がまったくなく、大食いメニューには挑戦しない[4]。また、食べるのは得意だが、作るのはインスタントの袋麺ですら失敗するという料理ベタでもある[5]
朝から何も食べないでいると昼には力尽きて倒れるほど燃費が悪い。
東北旅行としてラーメンを食べに行ったことにより一度は追試を受ける羽目になったが基本的に成績は優秀であり、また理由は不明だがドイツ語も堪能[6]である。
ラーメンを販売している飲食店なら基本的にどこでも来店しており、ラーメン専門店や中華料理店はもちろん、回転すし店(サイドメニューのラーメンをメインにして寿司も食べる)など主力メニューがラーメンではない店にも行く。遠いところでは、日本でも展開している大手ハンバーガーチェーン(ただし日本国内の店舗ではラーメンを販売していない)のハワイ店でラーメンを食べたこともある。
ラーメンの派生形の麺類(冷やし中華、担々麺、広東面、チャンポンなど)も含めてラーメンの一種として愛好している。
食事は基本的に全てラーメンで済ませ、栄養もラーメンを中心に摂取している。ラーメン以外で口にするものは、ラーメンが食べられる店で注文できるメニュー(ご飯などの主食類や餃子などのサイドメニュー)がほとんどで、スイーツですらラーメン店で食べるほど。
異常に偏った食生活を送っているが、夏は冷やしラーメンを食べる、せっかく大阪に来たのでたこ焼きを食べる、といった一般的な季節感や趣向は持ち合わせている。
気に入った店があると何度も来店して店の仕組みまで完全に把握するが、営業日を間違えて定休日に行ってしまった失敗もある。
ラーメン店の行列の複数人の内の1人だけが全員分の場所取りをしていることについては、悠が抗議した時に冷ややかにたしなめている。
ラーメンの思い出をおぼろげな記憶で断片的に伝えるだけでも店舗やラーメンのメニューを全て的確に当てて誘って連れて行く優しい一面もある。
大澤 悠(おおさわ ゆう)
声 - 佐倉綾音[1] / 演 - 美山加恋
身長160cm、血液型O型、しし座、家族構成は両親と兄[2]
小泉さんのクラスメイト。ショートカットが魅力的なボーイッシュな美少女。明るく活発な性格で友人も多い。一方、昔から可愛いもの(他の女子、ファンシーグッズ)が大好きなど、乙女チックな面も備えている。
特にクールビューティな小泉さんと仲良くなることに異常な執着心を見せる。その入れ込みっぷりは新幹線に乗って名古屋に停車した際、小泉さんを見かけたというだけで後先を考えず行動した結果、ほぼ文無しで見知らぬ土地で迷子になるほど[7]で、通常もストーカー的に彼女と行動を共にしているが大抵はスルーされている。それでもめげずに小泉さんと交流を持とうとするが、小泉さんの連絡先を知ったのが、美沙、潤に次いで最後だったことは本人もショックを隠せなかった[7]
両親が共働きしている影響で料理が得意。幽霊部員だが家庭科部所属である。
普段は小泉さんに煙たがられているが、小泉さんが店の営業日を間違えて定休日に来てしまって店の前で絶望と空腹で倒れていたところに通りがかり、自分の家に運び込んで自作のラーメンをご馳走した際は彼女から感謝されている。そのとき振る舞った家庭風アレンジラーメンは彼女を唸らせる出来だった[8]
子供の頃に大阪で食べたおいしいラーメン(実は「おいしいラーメン」というメニュー名のラーメン)の記憶をもとに、その味を再現して小泉さんを籠絡しようと試みた際、味の再現はうまくいかなかったが、ラーメンの匂いで偶然通りがった小泉さんが本当に釣れたことがある。その後、そのラーメンを特定した小泉さんの案内で東京の支店に食べに行くなど、ラーメンを介してなら小泉さんと積極的なコミュニケーションを取れるようになりつつある。
中村 美沙(なかむら みさ)
声 - 鬼頭明里[1] / 演 - 古畑星夏
小泉さんのクラスメイト。身長153cm、血液型A型、家族構成は両親と弟3人[2]。小柄でツインテールが特徴。
愛らしい見た目で普通にモテるのだが、もう彼氏がいるだろうと思われて告白されないタイプ。
当初は小泉さんに対して多少の苦手意識や嫉妬心を持っていたが、本意でないにせよ一緒にラーメンを食べたのを機に仲良くなっていく。実は激辛マニア[9]。美容に関しては博識[10]。弟のうち1人はケンタという名前で中学生[11]
高橋 潤(たかはし じゅん)
声 - 原由実[1] / 演 - 田中美麗
小泉さんのクラスメイト。身長158cm、血液型A型、母子家庭で一人っ子[2]。母親(声 - 勝生真沙子)は出版社で編集の仕事をしている[12]。外ハネした長髪に眼鏡をかけた少女。
クラス委員長を務めており、みんなからは委員長と呼ばれている[13]。テストでは学年上位に入る才女[13]。眼鏡が曇るから、という理由で熱々の麺系を食べるのが苦手[14]
ドラマには通常放送では登場しなかった(2話に潤という名前の男子生徒が出てくるが、関連はない)が、2016年のスペシャルにて初登場し、ドラマのオリジナルキャラクターである喜多方の娘(苗字が違うのは潤の母とは離婚しているため)という設定が加えられている。さらにラーメン嫌いの理由も、父親の極度のラーメン好きのせいとなった。

その他の人物[編集]

大澤 修(おおさわ しゅう)
声 - 中村悠一三宅麻理恵(子供)
悠の実兄。大学2年生[15]。身長178cm、血液型O型[2]
新宿の居酒屋でアルバイトをしており、深夜シフト後の朝帰り中に小泉さんと遭遇したことがある[16]。バイト代で悠に夕飯を奢るなど、兄妹仲は良好[17]
アニメ版では、絢音の引っ越しを手伝いに悠と共に来阪した時、小泉さんが絢音と一緒にいたことから初めて小泉さんが悠のクラスメートだと知る。
大澤 絢音(おおさわ あやね)
声 - 植田佳奈
悠の従姉[18]。25歳[18]。身長164cm、血液型O型、家族構成は両親と兄姉[2]
小泉さんが大阪でラーメンめぐりをしている際に知り合った[18]。生まれた時からずっと大阪にいたのだが、このたび大阪で勤めていた会社を辞め、今後は東京の食品メーカーで働くことになる。
悠と兄・修が彼女の引っ越しを手伝いに来る日、大阪市内をぶらついていた時に偶然ナンパされた小泉さんを助けた後、小泉さんを気に入ってしまい、小泉さんの「ラーメン店ツアー」に押しかけ同伴する。彼女の姓を聞いて、小泉さんは悠の親戚だと気付いた。
山田先生(やまだせんせい)
声 - 豊崎愛生
小泉さん達のクラス担任。
小川 乃愛(おがわ のあ)
北海道から転校してきた編入生。ただし、小泉さん達はB組で、乃愛はC組。
おとなしい性格でクラスメートになじめず、一人で昼食に弁当として持参したラーメンサラダを食べていることがきっかけで小泉さんや悠と知り合う[19]
ハナ
声 - 加隈亜衣
ラーメン博物館で小泉さんが知り合った迷子の少女。ドイツ人で、母親(声 - 片石千春)がいる。
小泉さんを気に入り、小泉さんにラーメンをご馳走になった(店の人は黄髪の小泉さんを衣装のこともあってか彼女の家族と勘違いしたらしい)。
中谷
声 - 江口拓也
修の友人。彼女持ち。名前はアニメ版で判明。
小林
声 - 福山潤
修の友人。ラーメンとライスの組み合わせに抵抗感を示していたが、家系ラーメンをライスと共に食べてからは周りに「家系男子」と呼ばれるほどのめり込んだ。名前はアニメ版で判明。
高木
声 - 竹内良太
修の友人。目が髪で隠れている。
中村 ケンタ(なかむら ケンタ)
声 - 小平有希
美沙の弟。丸刈り頭の中学生。

書誌情報[編集]

このほか、2015年8月に書き下ろしエピソードなどを収録したまんがライフセレクション 『ラーメン大好き小泉さん増刊号』が発売[21]。2015年10月には『ラーメンWalker東京23区 2016』に特別篇(油そば)が収録された[22]。2017年12月にも描き下ろしマンガ、テレビアニメ特集を収録した『ラーメン大好き小泉さん増刊号』が発売[23]

テレビドラマ[編集]

ラーメン大好き小泉さん
Soranoiro.jpeg
最終話の登場店・ソラノイロ
ジャンル テレビドラマ
放送時間 土曜23:40 - 翌0:05(25分)
放送期間 2015年6月27日 - 7月18日(4回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
企画 赤池洋文(編成企画)
監督 松木創
演出 松木創
池辺安智
原作 鳴見なる
『ラーメン大好き小泉さん』 (竹書房)
脚本 久馬歩
阿相クミコ
プロデューサー 久松大地
出演者 早見あかり
美山加恋
古畑星夏
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

2015年6月27日から7月18日まで毎週土曜23:40 - 翌0:05に、フジテレビ系の「土ドラ」枠で放送された[24]。主演は早見あかりで、また番組のメイン協賛スポンサーでもある楽天モバイルとのコラボレーションコマーシャルインフォマーシャル)が放送された。

2016年1月4日の23:30 - 翌0:30に、『2016新春SP』が放送され[25][26]、同年12月30日0:35 - 1:35(29日深夜)に『2016年末SP』が放送された[27]

キャスト[編集]

2016新春SPドラマ[編集]

2016年末SPドラマ[編集]

  • 高橋潤 - 田中美麗(SUPER☆GiRLS)

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 サブタイトル 放送日 今回のラーメン屋 脚本 演出
一杯目 二郎 2015年6月27日 金色不如帰
ラーメン二郎 八王子野猿街道店2
久馬歩
阿相クミコ
松木創
池辺安智
二杯目 北極 2015年7月04日 らぁめん ほりうち 新橋店
蒙古タンメン中本 目黒店
三杯目 行列 2015年7月11日 パイナップルラーメン屋さん パパパパパイン
Japanese Soba Noodles 蔦
四杯目 転校 2015年7月18日 天下一品 高円寺店
ソラノイロ
スペシャル 2016新春SP 2016年1月04日 与ろゐ屋
麺屋 はなび 新宿店
一条流がんこラーメン 総本家
麺や 七彩 八丁堀店
麺劇場 玄瑛 六本木店
薬膳ラーメン ドラゴン
萬福
松木創
2016年末SP 2016年12月30日 新横浜ラーメン博物館
(支那そばや、無垢 -muku- ツヴァイテ)
製麺rabo
創作麺工房 鳴龍 〜NAKIRYU〜
らぁ麺 やまぐち
真鯛ラーメン 麺魚
ラーメン 厚木家
ラーメン 巌哲
中華そば べんてん
久馬歩
フジテレビ 土ドラ
前番組 番組名 次番組
妄想彼女
(2015.5.23 - 6.20)
ラーメン大好き小泉さん
(2015.6.27 - 7.18)
ブスと野獣
(2015.8.2 - 9.19)

テレビアニメ[編集]

2018年1月より3月までAT-XTOKYO MXBS11毎日放送にて放送された[1]。テレビドラマ版と同様、実在の店舗やインスタントラーメンが多数登場するうえ、エンディングで協力した店舗やメーカーもクレジットされている。

スタッフ(アニメ)[編集]

  • 原作 - 鳴見なる[29]
  • 監督 - セトウケンジ[29]
  • シリーズ構成 - 髙橋龍也[29]
  • キャラクターデザイン - 谷拓也[29]
  • プロップデザイン - コレサワシゲユキ、灯夢
  • ラーメン作画監督 - 山口菜
  • 美術監督 - 若林里紗[1]
  • 美術設定 - 小山真由子
  • 色彩設計 - 松山愛子[1]
  • 撮影監督 - 浅黄康浩[1]
  • 編集 - 三嶋章紀[1]
  • 音響監督 - 本山哲[1]
  • 音楽 - 田中貴、細野しんいち[1]
  • 音楽プロデューサー - 福田正夫[1]、西辺誠
  • 音楽制作 - フライングドッグ[1]
  • プロデューサー - 重成幸生、黒須信彦、木村淳、尾留川宏之、吉田博、渡瀬昌太、尾崎源太、竹中信広、石橋諒一、齋藤宙央、小澤文啓、若林周
  • アニメーションプロデューサー - 富岡哲也
  • アニメーション制作 - Studio五組AXsiZ[1]
  • 製作 - 「ラーメン大好き小泉さん」製作委員会[1]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「FEELING AROUND」[30]
作詞・作曲 - 三原康司 / 編曲 - 田中ユウスケ、立崎優介、近藤隆史 / ホーン編曲 - 田中ユウスケ、武嶋聡 / 歌 - 鈴木みのり
エンディングテーマ「LOVE MEN HOLIC」[31]
作詞・歌 - 西沢幸奏 / 作曲・編曲 - WEST GROUND
エンディング映像には歌詞字幕が表示される。また、映像の前半は即席麺テレビCMテレビジョン受像機の進化の歴史を振り返る形式になっている。

各話リスト[編集]

話数サブタイトル脚本絵コンテ演出作画監督総作画監督
一杯目ヤサイマシニンニクカラメ髙橋龍也セトウケンジ高橋成之、小関雅谷拓也
まーゆ
こってり
二杯目北極小野学藏本穂高西田美弥子、はっとりますみ
小橋陽介
桜井正明、谷拓也
コココココイズミサン
三杯目サイミン中村近世門智昭谷拓也
味集中カウンター
即席麺
四杯目ようしょくてん浦畑達彦セトウケンジ村田尚樹山村俊了、はっとりますみ桜井正明
赤or白
コンビニ
五杯目トマトラーメン髙橋龍也[注 2]小野学藏本穂高こかいゆうじ、高橋成之谷拓也、小関雅
ミドリムシ
行列
六杯目朝ラーメン浦畑達彦間島崇寛飯飼一幸、大髙雄太
小関雅
桜井正明、谷拓也
小関雅
冷やし
博物館
七杯目全国髙橋龍也田所修村田尚樹山村俊了、服部益実
一ノ瀬結梨、高橋成之
小橋陽介、大庭小枝
谷拓也、小関雅
八杯目ご当地袋麺関根アユミ大嶋博之藏本穂高こかいゆうじ、高橋成之
小関雅
桜井正明、谷拓也
小関雅
家系
九杯目浦畑達彦小野学栗井重紀栗井重紀、大河原晴男谷拓也、小関雅
豚野郎
背脂
十杯目未知味の垃麺関根アユミ村田尚樹片岡英之、石田啓一
中田知里、山本正嗣
坂口蒼星、服部憲知
大高雄太、小関雅
小橋陽介、大庭小枝
大西陽一
桜井正明、谷拓也
まわるラーメン
挑戦受付中!!
十一杯目おいしいラーメン髙橋龍也セトウケンジ
小野学
所俊克門智昭、森田実
成松義人、St.Massket
大橋勇吾
谷拓也、小関雅
大阪
十二杯目名古屋藏本穂高谷拓也、小関雅
高橋成之、山村俊了
谷拓也、小関雅
桜井正明
再会

放送局・配信元[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[33]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [34] 備考
2018年1月4日 - 3月22日 木曜 20:00 - 20:30 AT-X 日本全域 製作参加 / CS放送 / リピート放送あり
木曜 22:00 - 22:30 TOKYO MX 東京都 製作参加 / リピート放送あり
2018年1月5日 - 3月23日 金曜 1:00 - 1:30(木曜深夜) BS11 日本全域 BS放送 / 『ANIME+』枠
2018年1月7日 - 3月25日 日曜 2:38 - 3:08(土曜深夜) 毎日放送 近畿広域圏 アニメシャワー』第2部
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間[33]
配信期間 配信時間 配信サイト
2018年1月5日 - 3月23日 金曜 12:00 更新
金曜 23:30 - 土曜 0:00 AbemaTV 新作TVアニメチャンネル
2018年1月8日 - 3月26日 月曜 12:00 更新
2018年1月10日 - 3月28日 水曜 0:00(火曜深夜) 更新 J:COMオンデマンド
2018年1月11日 - 3月29日 木曜 0:00(水曜深夜) 更新 PlayStation Video
2018年1月18日 - 4月5日 TSUTAYA TV

BD / DVD[編集]

発売日[35] 収録話 規格品番
BD DVD
2018年3月28日 第1話 - 第6話 VTXF-95 VTBF-201〜3
2018年5月30日 第7話 - 第12話 VTXF-96 VTBF-204〜6
TOKYO MX 木曜22:00 - 22:30枠
前番組 番組名 次番組
ラーメン大好き小泉さん

ゲーム[編集]

ラーメン大好き小泉さん満腹仕込み真心仕立て(通称・ラーメン大好き小泉さんましまし)』のタイトルで2017年12月13日AndroidiOS専用アプリとして配信した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 実写版では演じた早見あかりの容姿に合わせた黒髪ロングのままとなっており、ウェーブもかかっていない。
  2. ^ テレビ放送時は浦畑達彦が脚本としてクレジットされていたが、放送後に公式Twitterアカウントが訂正を発表した[32]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 「ラーメン大好き小泉さん」小泉さん役の竹達彩奈らキャスト発表&イベントも”. コミックナタリー (2017年9月27日). 2017年9月27日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 単行本4巻 表紙裏キャラクターデータより。
  3. ^ 単行本1巻「おまけ1小泉さんの髪型について」
  4. ^ 単行本4巻収録 「二十九杯目 挑戦受付中!!」
  5. ^ 単行本4巻収録 「三十二杯目 ご当地袋麺」
  6. ^ 単行本2巻収録 「十二杯目 博物館」
  7. ^ a b 単行本2巻収録 「十八杯目 未知味の拉麺」
  8. ^ 単行本1巻収録「九杯目 即席麺」。ただしそれだけ(4巻「二十八杯目 トマトラーメン」)
  9. ^ 単行本1巻収録 「五杯目 北極」
  10. ^ 単行本2巻収録 「十四杯目 赤or白」
  11. ^ 単行本2巻収録 「十五杯目 豚野郎」
  12. ^ 単行本4巻収録 「二十九杯目 挑戦受付中!!」「三十二杯目 ご当地袋麺」
  13. ^ a b 単行本1巻収録 「六杯目 コココココイズミさん(前編)」
  14. ^ 単行本1巻収録 「六杯目 コココココイズミさん(後編)」
  15. ^ 単行本2巻収録 「十七杯目 家系」
  16. ^ 単行本2巻収録 「十杯目 朝ラーメン」
  17. ^ 単行本3巻収録 「二十三杯目 まわるラーメン」
  18. ^ a b c 単行本3巻収録 「二十六杯目 大阪」
  19. ^ 単行本5巻収録 「四十杯目 ラーメンサラダ」
  20. ^ ラーメン大好き小泉さん(1)”(日本語)2015年3月14日、閲覧
  21. ^ 竹書房4コママンガ誌オフィシャルサイト”. 竹書房. 2015年10月23日閲覧。
  22. ^ 「ラーメン大好き小泉さん」ラーメンWalkerに特別編掲載、題材は油そば”. コミックナタリー. 2015年10月23日閲覧。
  23. ^ ラーメン大好き小泉さん増刊号、描き下ろしエピソードやアフレコレポマンガも掲載”. コミックナタリー (2017年12月29日). 2018年1月6日閲覧。
  24. ^ ももクロ脱退から4年!早見あかり“めん食い女子”で連ドラ初主演”. SANSPO.COM (2015年5月26日). 2015年5月26日閲覧。
  25. ^ トピックス #07 2016新春SP放送決定!!”. ラーメン大好き小泉さん. フジテレビ. 2015年11月28日閲覧。
  26. ^ “ラーメン大好き小泉さん:早見あかりが再び“ラーメン大好き女子高生”に 1月に新春SP放送”. まんたんウェブ (株式会社毎日新聞デジタル). (2015年11月28日). http://mantan-web.jp/2015/11/28/20151127dog00m200050000c.html 2015年11月28日閲覧。 
  27. ^ 早見あかり主演『ラーメン大好き小泉さん』再び 人気有名店が続々登場 ORICON STYLE 2016年11月24日発行、同日閲覧。
  28. ^ ハロプロ新ユニット、メジャー進出に涙「頭真っ白」 いきなり連ドラ主題歌”. ORICON STYLE (2015年6月14日). 2015年6月15日閲覧。
  29. ^ a b c d 「ラーメン大好き小泉さん」スタッフ&キービジュ到着、完食時のあの表情を公開”. コミックナタリー (2017年5月26日). 2017年5月26日閲覧。
  30. ^ “鈴木みのりソロデビュー曲はフレデリック三原康司提供、シングルc/wに本人作詞ナンバー”. 音楽ナタリー. (2017年11月27日). http://natalie.mu/music/news/258347 2017年11月27日閲覧。 
  31. ^ New Single リリース決定!”. 西沢幸奏 Official Site (2017年12月3日). 2017年12月3日閲覧。
  32. ^ @ramen_koizumiの2018年2月1日のツイート2018年3月9日閲覧。
  33. ^ a b ON AIR”. アニメ「ラーメン大好き小泉さん」公式サイト. 2017年12月8日閲覧。
  34. ^ テレビ放送対象地域の出典:
  35. ^ ラーメン大好き小泉さん|インフォメーション”. フライングドッグ. 2017年12月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]