Pa-Pa-Pa ザ★ムービー パーマン タコDEポン!アシHAポン!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Pa-Pa-Pa ザ★ムービー パーマン タコDEポン!アシHAポン!』(パパパ ザ★ムービー パーマン タコデポン!アシハポン!)は、2004年3月6日に公開された日本のアニメーション映画である。上映時間33分。

概要[編集]

パーマン』の映画作品のひとつであり、2003年公開の『Pa-Pa-Pa ザ★ムービー パーマン』の続編となる平成シリーズ第2弾。

原作の「鉄の棺おけ突破せよ」をベースにした作品[1]だが、ストーリーに大幅な変更が加えられ、原作のハードなシーン(4号への拷問シーンなど)を感じさせないほど全く別の作品に仕上がっている。

この作品では続編を喚起させるような終わり方をしているが、これ以降現在まで『パーマン』の映画作品は製作されていない。しかし、監督の渡辺歩は『ファミ通』のインタビューで「完結させたい」との発言をしている。

同時上映は『ドラえもん のび太のワンニャン時空伝』と『ドラえもんアニバーサリー25』。

なお2018年現在、この作品を最後にドラえもん以外の映画版・テレビ版の藤子・F・不二雄作品のアニメは作られていない(新たに制作されたのは、2011年開館の藤子・F・不二雄ミュージアムの「Fシアター」で上映される短編作品のみ)。

あらすじ[編集]

声の出演[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

エンディングの歌詞表示はカラオケのテロップのような形となっており、なおかつデュエット曲であるため三輪のパートではパーマン1号の顔が、広川のパートではタコの絵が歌詞と共に流れる。

オープニングテーマ「きてよパーマン」
作詞 - 藤子・F・不二雄 / 作曲 - 古田喜昭 / 編曲 - たかしまあきひこ / 歌 - 三輪勝恵コロムビアゆりかご会
エンディングテーマ「タコDEポン!アシHAポン!」
作詞 - 斉藤謙策 / 作曲・編曲 - ジャック・伝ヨール / 歌 - 三輪勝恵・広川太一郎

脚注[編集]