坂東國男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
坂東 國男
生年: (1947-01-10) 1947年1月10日(71歳)
生地: 日本の旗 日本 滋賀県大津市
思想: マルクス主義
活動: 山岳ベース事件あさま山荘事件ほか
所属:共産主義者同盟(第二次ブント)→)
共産主義者同盟赤軍派→)
連合赤軍→)
赤軍派プロ革派→)
日本赤軍

坂東 國男(ばんどう くにお、1947年1月10日 - )は、日本の新左翼活動家、テロリスト共産主義者同盟赤軍派兵士を経て、連合赤軍に合流、幹部を務めた。

概要[編集]

滋賀県大津市生まれ。生家は旅館を営んでいた。滋賀県立膳所高等学校卒業。

1966年京都大学農学部林学科に入学するがのちに退学。1971年代に赤軍派の坂東隊として、植垣康博山崎順らを率いてM作戦金融機関強盗)を行った。赤軍派が京浜安保共闘と統一し連合赤軍となると、連合赤軍中央委員に就任。連合赤軍での序列は5位。

連合赤軍幹部として山岳ベース事件に関与。1972年2月19日警察の手から逃れるために仲間4人とともにあさま山荘事件を起こすが、2月28日に逮捕される。あさま山荘事件を起こした5人の中では唯一の赤軍派出身であった。40日間黙秘をしていたが、事件中に自殺した父親の位牌を見せられると山岳ベース事件やあさま山荘事件に関する供述を始めた。

獄中では永田洋子、植垣らと共に塩見派につき赤軍派プロ革派に参加。1975年に日本赤軍によるクアラルンプール事件超法規的措置により釈放・国外脱出し、日本赤軍に参加。日本赤軍参加後は同組織最高幹部である重信房子の側近となった時期があり、重信を「敬愛する司令官同志」と表現したパンフレットの作成[1]、また日本赤軍からの脱退届を提出した和光晴生に対する査問会議の議長を務めるなどした[1]

マドリードで盗難に遭った元京都市議の旅券を基にした偽造旅券で1987年春頃からマニアを中心とした東南アジアのほか1987年11月25日入国したオーストリアを含めてヨーロッパ数か国を動き回っていたことが1988年8月に判明した[2][3]

坂東が高齢化した母親との面会について支援者を介して面会を求めたところ、母親から拒絶されていたことが2000年11月に重信の逮捕時に押収した資料から判明しており、警察当局は坂東も帰国準備を進めていたとみている[4]

重信が2001年に日本赤軍の解散を宣言した直後に大道寺あや子とともに「日本赤軍解散宣言無効宣言」を表明した。

現在も連合赤軍事件だけでなく、日本赤軍としてダッカ日航機ハイジャック事件に関与した罪も加わり警察庁指名手配中であると同時に国際手配されている。

公安当局によると、坂東は基本的に中東に拠点を置き、中国ルーマニアネパールでの入国の形跡が確認されているが、詳細な消息及び現在の生死は不明である。

その他[編集]

  • 著書「永田洋子さんへの手紙」では、山岳ベース事件における自身について、「永田同志や下部の同志に映る私の実像は、「鬼のように冷酷」に同志を告発し、同志を死へ至らしめる恐ろしい人間であったし、動揺など一切しない人間として存在したわけです。」と書いている。クアラルンプール事件が起こった際、「連合赤軍事件における同志粛清の裁きを受ける」として出国したが、日本赤軍の中心人物だった重信房子からは、「あなた方を裁くつもりはない。連合赤軍の問題だけでなく、日本赤軍の失敗を互いに共有し、克服していきたい」と諭され、彼が何らかの形で裁かれることはなかったという[要出典]
  • 坂東の父親はあさま山荘事件で息子が逮捕される直前に、自宅旅館のトイレで首を吊って自殺している。遺書には「人質にされた方には心からお詫び致します。・・・残った家族を責めないで下さい」とあった。
  • 坂東の母親はあさま山荘事件で現場に訪れて投降を呼びかけている。また坂東の母親は1975年にクアラルンプール事件で息子が立てこもり犯の釈放要求対象となった際、息子の出国を阻止することを検事に強く懇願していた[要出典]
  • あさま山荘事件の犯人5人の中で、坂東のみが国外逃亡中で裁判が終了していない。あさま山荘事件では、警察は死者2名重軽傷者24名を出しているため、あさま山荘事件の立て篭もり犯人である坂東に対する警察の意識は、日本赤軍の国際手配犯の中でもかなり強い。警察関係者の中には「坂東國男が逮捕されて裁判が終わらない限り、あさま山荘事件は終わらない」と考えている者もいる[5]

著書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 和光晴生『日本赤軍とは何だったのか―その草創期をめぐって』彩流社、2010年、p146。和光によれば、この表現は1975年に北朝鮮に渡航して以来、主体思想に傾倒した重信の下で北朝鮮式の思想教育が行われたことの反映。
  2. ^ “日本赤軍、盗難旅券を組織的使用 坂東ら3人を確認 欧州や東南アジアに出没”. 読売新聞. (1988年8月19日) 
  3. ^ “日本赤軍・坂東のオーストリア入国を確認 盗難の旅券を使う”. 読売新聞. (1988年8月24日) 
  4. ^ “日本赤軍・奥平容疑者、98年・99年に国内一時潜伏か 「重信メモ」暗号解読”. 読売新聞. (2001年4月2日) 
  5. ^ 佐々淳行『わが上司 後藤田正晴 決断するペシミスト』 文春文庫、2000年、p17。

外部リンク[編集]