奥平剛士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

奥平 剛士(おくだいら つよし、1945年7月21日 - 1972年5月30日)は日本のテロリスト。日本赤軍創設メンバーで最高幹部。同じく日本赤軍メンバーの重信房子は戸籍上の妻、奥平純三は弟。重信など関係者の手記、支援者間の会報等ではアラブ名「バーシム」と書かれていることがある[1]

概要[編集]

山口県下関市生まれ。1960年山口県立下関西高等学校に入学したが、6月に岡山県立岡山朝日高等学校に転校。

1964年京都大学工学部に入学。在学中の奥平は京都・九条でセツルメント活動をしており[2]日本共産党系の青年団体である日本民主青年同盟(民青同盟)の同盟員にもなっていた。約半年で民青をやめた後、全共闘運動に参加。京大助手だった滝田修パルチザンの構想に影響を受けている。

1971年2月2日赤軍派の重信房子と偽装結婚。そのあとレバノンベイルートへ出国。1972年5月30日岡本公三安田安之らとテルアビブ空港乱射事件を起こし、安田と共に死亡する。死因については空港警備隊との銃撃戦で射殺されたとも、安田と共に自殺したとも言われ詳しくは分かっていない。

没後の1978年田畑書店より遺文集『天よ、我に仕事を与えよ』が出版された(タイトルは彼自身の言葉による)。

著書[編集]

  • 「天よ、我に仕事を与えよ」(田畑書店)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 水平線の向こうに――72・5・30リッダ覚え書き 桧森孝雄 La NigrecoN-ro.8 2002.2.14
  2. ^ 『日本赤軍!世界を疾走した群像』図書新聞 2010年 p95

外部リンク[編集]