ルート66 (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルート66(Get Your Kicks On) Route 66) は、アメリカ合衆国ボビー・トゥループ1946年に作詞・作曲したポピュラー・ソングである。ジャズのスタンダード曲として名高い。

トゥループは、ジャズ・ピアニストで小粋な弾き語りも得意とし、ソングライターとして、また著名な女性ジャズ歌手ジュリー・ロンドンの夫としても知られる。この曲は彼の代表作で、愛車でのドライブ中に思い付き、同乗していた友人と早速合唱してみて、いたく気に入ったことから世に出たという。

同曲のタイトルとなっている「ルート66」とは、イリノイ州シカゴカリフォルニア州サンタモニカロサンゼルス郊外)を結ぶ国道66号線のことである。歌詞はこの道を走っての旅へ誘う内容で、途中には沿線各地の地名が登場する。シンプルなリフを基調とする平易で親しみやすい曲調と、観光案内的で軽快かつコミカルな歌詞とが相まって広く好まれ、ナット・キング・コールの歌唱によるヒット以来、半世紀以上に渡って歌い継がれている。

ヒット歴[編集]

1960年からアメリカCBSテレビで放映されたジョージ・マハリス、マーティン・ミルナー主演の『ルート66』のテーマにもなっている(日本では当時NHKフジテレビで放映され、人気を呼んだ)。(ドラマのテーマ曲は、ネルソン・リドル楽団の「ルート66」(インストゥルメンタル)

2006年上映のピクサー制作の映画「カーズ」では、ジョン・メイヤーによるカヴァーがエンディング・テーマとして流れる。

チャック・ベリーは5枚目のアルバム『NEW JUKE BOX HITS』でこのナンバーを取り上げており、またローリング・ストーンズはこのチャック・ベリー・ヴァージョンを基本としてカヴァーしている。他にも、このスタイルでゼムドクター・フィールグッドがレコード化。正式タイトルは「(Get Your Kicks on)Route 66」。

外部リンク[編集]