古谷静佳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ふるや しずか
古谷 静佳
プロフィール
愛称 しっぴー、ももちゃん、ふるやん、しずしず、しーぽん、しずぽん、ぽんしず、しーちゃん、古谷名人[要出典]
性別 女性
出生地 日本の旗 日本秋田県秋田市
生年月日 (1988-12-26) 1988年12月26日(31歳)
血液型 O型
職業 声優
事務所 AxiS Management
活動
活動期間 2011年 - 2016年2020年-
デビュー作 東雲なの(『日常』)
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ
YouTube
チャンネル
活動期間 2020年 -
ジャンル エンターテイメント
登録者数 6.75万人
総再生回数 327万回
事務所(MCN AxiS Management
チャンネル登録者数、総再生回数は2020年9月7日時点。
テンプレートを表示

古谷 静佳(ふるや しずか、1988年[1]12月26日 - )は、日本女性声優秋田県[2]秋田市[3]出身。血液型はO型[4]

プロダクション・エース演劇研究所研究科出身[2]

経歴[編集]

出身地である秋田県での仕事にやりがいのなさを感じていたとき、雑誌でプロダクション・エースのオーディションを知り、声優への道を志した[2]2011年、『日常』の東雲なの役で声優としてデビューする[2]

デビュー初期は預かり所属だったが、2013年3月から正所属となった。

2014年11月2日、10月31日付でプロダクション・エースを離れフリーになったことを自身のブログで発表した[5]

2015年12月3日に入院している旨を自身のTwitterにて報告、翌日には事故に遭って頭を打ち軽度の記憶障害となっていることを報告している[6]。後に、事故は4トントラックに轢かれたもので、頭蓋骨骨折、一時半身麻痺という重傷だったことをあきらかにしている[7]

交通事故時は、記憶障害になるほど重体レベルで意識ももうろうとしていたはずなのに、警察の事情聴取で住所などを克明に答えていた。

2016年2月16日ニコニコ生放送『猫ブース鬼パーセント芋!!』に出演し、退院したことを報告した[8]。同年4月16日に開催された同配信番組のイベント『危険度数鬼パーセント!!』(DDD青山クロスシアター)に出演後は、声優としての活動はしばらく見られなかった[注 1]

2020年8月1日AxiS Managementにて声優業に復帰することを新規に開設したTwitterで発表し[9]、同日にYouTubeチャンネルも開設[10]。また、復帰発表当日にアニメイトタイムズにて復帰に際してのインタビュー記事も組まれている[7]

YouTubeのチャンネルでは、交通事故による入院や声優復活の経緯、最近まで仕事をしていたが新型コロナウィルス不況の煽りを受けて解雇されてしまったことやいじめられた経験あがあること、漢字の読みや英単語などが恐ろしく苦手であることなどを明かし、視聴者の前に現れるまでの経緯を赤裸々に話している。

YouTubeの動画では女性のマネージャーと編集が裏方で顔は出さず声のみでアシスタントとしてカンペやクイズ出題、笑い声などを出して盛り上げている。YouTuberの洗礼で視聴者サービスとして代表作でもある日常の東雲なのの時定高校制服で背中にぜんまい付きのコスプレをマネージャーの指示で半ば強引に着用して出演もしている。

マネージャーの名前は暦(こよみ)である。

本人は一時引退状態で、近年復帰と称しているが、近年はテレビアニメ出演はなく、youtuberとして人気を誇っている。

出演[編集]

太字は、主役またはヒロイン。

テレビアニメ[編集]

2011年
2012年
2014年

OVA[編集]

2011年

ゲーム[編集]

2011年
2014年
  • ウチの姫さまがいちばんカワイイ(小天姫 ウリエラ[17]
  • ロボットガールズZ ONLINE(2014年 - 2015年、メカサタン・ジェットラー[18]、ローレライようこ〈ラインX1〉[19]
2015年

ラジオ[編集]

WEB生放送[編集]

  • 猫ブース鬼パーセント芋!!(2016年2月16日、ニコニコ生放送)ゲスト出演
  • 危険度数鬼パーセント!!(2016年4月16日、ニコニコ生放送)DDD青山クロスシアター出演

テレビCM[編集]

2012年

ディスコグラフィ[編集]

キャラクターソング[編集]

発売日 商品名 楽曲 備考
2011年7月6日 日常のキャラクターソング その1 なののネジ回しラプソディ 東雲なの(古谷静佳 「なののネジ回しラプソディ」
「なののおひるねおせんたく」
テレビアニメ『日常』関連曲
2011年12月28日 マケン姫っ! 全エンディングっ! 天谷春恋(下屋則子)、水屋うるち(古谷静佳 「Baby! Baby! Ver.5」 テレビアニメ『マケン姫っ!』エンディングテーマ
2012年1月18日 マケン姫っ! キャラクター・ソング・アルバム「ドキッ☆ 水着でデスマッチ」 高貴楓蘭(合田彩)、藜チャチャ(藏合紗恵子)、砂藤季美(味里)、水屋うるち(古谷静佳 「Get Over the Rainbow」 テレビアニメ『マケン姫っ!』関連曲

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ アニメイトタイムズのインタビューでは、事故をきっかけに引退を決め、Twitterの自身アカウント(当時非公開だった)にて、非公式に2015年での引退を表明していたこと、その後は社会人として働いていたことを明らかにしている[7]

出典[編集]

  1. ^ 本人ツイッター(2018年3月6日時点)のプロフィール欄より
  2. ^ a b c d 古谷静佳インタビュー”. プロダクション・エース演技研究所 (2011年6月3日). 2011年6月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年8月2日閲覧。
  3. ^ お知らせ。2|しずかの気まま日記”. 2012年12月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年10月9日閲覧。
  4. ^ 古谷静佳のプロフィール”. 2012年10月9日閲覧。[リンク切れ]
  5. ^ 古谷静佳 (2014年11月2日). “みなさんへ。”. 『しずかの気まま日記』. サイバーエージェント. 2014年12月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年11月4日閲覧。
  6. ^ 「日常」東雲なの役・古谷静佳さんが事故で入院 「記憶障害で記憶が所々ない」との報告にファンから励まし”. ニコニコニュース. 2015年12月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年8月9日閲覧。
  7. ^ a b c 「死ぬかと思った――」交通事故から奇跡の復活、『日常』東雲なの役の声優・古谷静佳さんに突撃取材”. アニメイトタイムズ (2020年8月1日). 2020年8月1日閲覧。
  8. ^ 退院!”. しずかのきままにっき。2. Amaba. 2016年2月17日閲覧。
  9. ^ 古谷静佳 [@shizuka_furuya] (1 August 2020). "...この度たくさんの奇跡とご縁があり、声優業に復帰させて頂く事となりました。..." (ツイート). Twitterより2020年8月1日閲覧
  10. ^ 日常声優:東雲なの役「古谷静佳」失踪の訳 - YouTube”. www.youtube.com. 2020年8月1日閲覧。
  11. ^ スタッフ&キャスト”. 「日常」 オフィシャルサイト. 2014年2月14日閲覧。
  12. ^ 新アニメ『マケン姫っ!通』公式サイト”. 2013年6月21日閲覧。
  13. ^ 月刊少年エース』2012年4月号より。
  14. ^ キャラクター”. ロボットガールズZ 公式サイト. 2014年7月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年7月4日閲覧。
  15. ^ キャラクター”. 「日常〈宇宙人〉」 オフィシャルサイト. 2014年2月14日閲覧。
  16. ^ 古谷静佳 (2011年9月27日). “お知らせ。”. 『しずかの気まま日記』. サイバーエージェント. 2014年2月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年2月14日閲覧。
  17. ^ ゲーム『ウチの姫さまがいちばんカワイイ』に野水伊織、味里、佐土原かおり、古谷静佳 出演”. プロダクション・エース. 2014年7月4日閲覧。[リンク切れ]
  18. ^ メカサタン・ジェットラー”. ロボットガールズZ ONLINE. 2014年7月4日閲覧。
  19. ^ ローレライようこ”. ロボットガールズZ ONLINE. 2015年6月21日閲覧。
  20. ^ CHARACTER”. アイドル事変. 2014年6月30日閲覧。
  21. ^ 「行きたくなるお店編」 - CMライブラリ - 会社情報”. 京都アニメーションホームページ. 2014年2月14日閲覧。

外部リンク[編集]