巣立ちの歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

巣立ちの歌(すだちのうた)は村野四郎作詞、岩河三郎作曲の合唱曲1965年製作。

伴奏[編集]

ピアノ伴奏は岩河が作曲した「通常版」だけでなく、児童・生徒が弾き易いようにアレンジされた「簡易版」の計2種類が存在する。「通常版」はある程度の技巧を要すると同時に、岩河の他の多くの合唱曲にも見られるような、単に伴奏の域に収まらないピアノ演奏の迫力が特徴的である。一方で「簡易版」はそのような難易度の高い部分やピアノ演奏が目立つ部分はアレンジされ、合唱曲として演奏のし易さに重点が置かれている。

録音[編集]

  • タンポポ児童合唱団
    • 2005年発売『旅立ちの日に 〜卒業式ソングベスト〜』(キング KICW-8712)に収録。

関連項目[編集]