ユキウサギ (アイドリング!!!の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ユキウサギ
アイドリング!!!シングル
初出アルバム『ロデオマシーン
SINGLE COLLECTIONグ!!!
B面 Wing
恋のプレゼンター(初回盤A)
HoRoRi(初回盤B)
リリース
規格 マキシシングル
録音 2014年 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
時間
レーベル ポニーキャニオン
作詞・作曲 松井亮太waio
チャート最高順位
アイドリング!!! シングル 年表
キュピ
(2014年)
ユキウサギ
(2014年)
Cheering You!!!
2015年
テンプレートを表示

ユキウサギ」は、日本女性アイドルグループアイドリング!!!の楽曲。2014年12月24日ポニーキャニオンからリリースした、通算23枚目のシングル[注 1]。楽曲の制作は、ギタリスト・松井亮太waioが共作した。

背景・制作[編集]

前作「キュピ」から、7ヶ月後に発表した23rdシングル

前作のリリースから、後藤郁[3]菊地亜美がグループを卒業し、残るメンバー22人編成の楽曲となっている[4]。また、清久レイアがリリース直前に急遽芸能界を引退し[5]、翌春に長野せりな[6]伊藤祐奈がグループを卒業するため[7]、各々が参加した最後のシングル作品である。

表題曲

楽曲は、J-POPユニットワカバ松井亮太作詞作曲)、スリーピースバンドMinxZonewaio(作詞・編曲)の両ギタリストが共作した。両名は、20thシングル「サマーライオン」でもc/w曲「おひさまダーリン」を提供している。

表題は、氷雪などで作られたりする"雪うさぎ"をイメージしたもの。心の中に仕舞ったまま、募る想いを声に出せずにいる女性の淡く切ない恋心を綴った、季節感と可愛さの溢れる「アイドリング!!!史上、最高に“ピュアすぎる”ウィンターラブソング」と銘打っている[4]

メインボーカル

メインボーカルは、河村唯長野せりな酒井瞳朝日奈央三宅ひとみの2期生5人が務め、初めて2期生メンバーのみがピックアップされている。事前の決定事項だった訳ではなく、全メンバーの録音が終えた後に吟味した上で採用された[4]。主要楽曲の分野で、朝日以外は[注 2][8] 日陰の存在だったと語る2期生メンバーは、メインボーカルの座を射止めた喜びの想いを、各媒体で明かしている[8][9][10]

カップリング曲

Wing」は、グループの楽曲制作に馴染みのソングライター leonn日比野裕史コンビが担当。同年5月から稼働したアイドリング!!!パチンコ台とタイアップした未収録曲だったが、改めて再録された[11]。「恋のプレゼンター」「HoRoRi」は、睦月周平をはじめとする『ベリーグー』や『ファイブエイス』などの、音楽クリエーター事務所に所属するソングライター陣が制作した。

収録メンバー

c/w曲は、グループ内のユニット名義になっている。「Wing」は19歳以上のメンバー(O-19ing!!!)、「恋のプレゼンター」は18歳以下(U-18ing!!!)、「HoRoRi」はアイドリング!!!1期生(1st IDOLING!!!)が選抜されている[12]

楽曲 収録CD メンバー
「ユキウサギ」 全形態共通 下記メンバー22名
「Wing」 同上 O-19ing!!!(外岡えりか横山ルリカ河村唯長野せりな酒井瞳朝日奈央三宅ひとみ橘ゆりか大川藍伊藤祐奈尾島知佳関谷真由
「恋のプレゼンター」 初回盤A U-18ing!!!(橋本楓倉田瑠夏高橋胡桃石田佳蓮玉川来夢・清久レイア・古橋舞悠橋本瑠果佐藤麗奈佐藤ミケーラ倭子
「HoRoRi」 初回盤B 1st IDOLING!!!(外岡えりか・横山ルリカ)

リリース[編集]

シングルCDは初回盤A・B、通常盤の3形態でリリース。初回盤AにはDVDトレーディングカードA(全22種の内ランダム1枚)、初回盤BにはBlu-ray Disc、通常盤の初回生産分にはトレーディングカードB(全22種の内ランダム1枚)の封入特典が付く。トレカの裏面には、各メンバーが描いたウサギのイラストがプリントされている。また、全形態の初回生産分に「イベント参加券」が封入されている[13]

特典企画

協力店舗でのみ先着購入者に「オリジナル・トレーディングカード(各店絵柄別)」を進呈する、コラボ企画を実施している。

プロモーション[編集]

楽曲のプロモーションで、以下のメディアに出演した[14]

テレビ番組
  • 魁!音楽番付〜EIGHT〜(2014年12月3・10・17日、フジテレビ
  • Kawaiian TV LIVE サタデー(2014年12月6日、Kawaiian TV)
  • サキドリ!(2014年12月15日、MUSIC ON! TV) - MVオンエア
  • ミューサタ(2014年12月19日、フジテレビ)
  • BOMBER-E(2014年12月23日、メ〜テレ
  • ミカパング!!!〜フジテレビ冬フェスで「+(プラス)」になろうSP〜(2014年12月25日、フジテレビ)
  • J-POPランキング(2014年12月27日、BS朝日
配信番組
  • 生のアイドルが好き(2014年12月22日、ニコニコ生放送
  • ニコラジ(2014年12月22日、ニコニコ生放送)
  • ニコニコ本社で10時間MC〜ミモラ(ファン)もそうじゃない人もみんな「家-ウチ-へおいでよ」〜(2014年12月28日、ニコニコ生放送)
ラジオ番組
主催イベント

発売前の握手会イベントが、以下の日時・場所で実施された。

その他

大手コンビニエンスストアファミリーマート』の店内放送「ファミラジ」とのキャンペーンを行った。2014年12月中旬から年内まで当楽曲がオンエアーされ、スマートフォン専用動画サイト「東京スキヤキTV 」のファミラジコーナーでは、ミュージック・ビデオが公開された[15]

プロモーションの一環として表題の「ユキウサギ」に因み、各メンバーが描いたウサギのイラストをそれぞれプリントした「乾杯マグカップ」を、2014年11月中旬に発売した[16]。このイラストは、当シングルCDに付属する、特典トレーディングカードのプリントにも採用されている。

アートワーク[編集]

ジャケット写真の割り振りは以下の通り。初回盤AはU-18ing!!!、初回盤BではO-19ing!!!メンバーのショットになっている。

ジャケット及びステージ衣装のデザインは、メンバー 三宅ひとみ・大川藍のアイデアが取り入れられている[9]。すべて白を基調とし、ムートン調なアウターにメンバーそれぞれ異なる4種のインナー、手袋にウール系のスカートまたは短パン、紐付または紐無しのロングブーツを着用し、表題のユキウサギもしくはのテーマに沿ったデザインとなっている[4]

形態 メンバー
初回盤A 橋本楓倉田瑠夏高橋胡桃石田佳蓮玉川来夢・清久レイア・古橋舞悠橋本瑠果佐藤麗奈佐藤ミケーラ倭子
初回盤B 外岡えりか横山ルリカ河村唯長野せりな酒井瞳朝日奈央三宅ひとみ橘ゆりか大川藍伊藤祐奈尾島知佳関谷真由
通常盤 上記メンバー22人

ミュージック・ビデオ[編集]

リリースに先行して、楽曲のショートバージョンがYouTubeで無料公開されている。初回盤A・Bに付属するDVDやBDには、本編を含む2種のバージョンが収録されている。

劇中で歌詞の2番に当たる映像では、メインボーカルを務める河村唯長野せりな酒井瞳朝日奈央三宅ひとみの2期生5人が、中心的にフィーチャーされている[17]

ライブ・パフォーマンス[編集]

発売記念イベント兼ねたミニライブが、以下の日時・場所で実施された。

ライブイベント

楽曲は、2014年11月開催の「アイドリング!!!14thライブ」公演で初披露された[18]。ほか定期公演をはじめ、以下各地イベントなどでライブ披露された。

メディアでの使用[編集]

収録曲は、以下のメディアで使用された。

「ユキウサギ」
「Wing」
  • 平和『CRドキッ!丸ごと水着 女だらけの水泳大会 アイドルだらけで困っちゃうング!!!』挿入歌

シングル収録トラック[編集]

CD(初回盤A)
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「ユキウサギ」松井亮太waio松井亮太waio
2.「Wing」(O-19ing!!!)leonn日比野裕史日比野裕史
3.「恋のプレゼンター」(U-18ing!!!)ミズノゲンキ睦月周平睦月周平
DVD(初回盤A)
#タイトル作詞作曲・編曲
1.「ユキウサギ」(Music Video)  
2.「ユキウサギ」(Singing Ver.)  
3.「ユキウサギ」(MVメイキング)  
CD(初回盤B)
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「ユキウサギ」松井亮太、waio松井亮太waio
2.「Wing」(O-19ing!!!)leonn日比野裕史日比野裕史
3.「HoRoRi」(1st IDOLING!!!)YASUSHI WATANABEYASUSHI WATANABEYASUSHI WATANABE
Blu-ray(初回盤B)
#タイトル作詞作曲・編曲
1.「ユキウサギ」(Music Video)  
2.「ユキウサギ」(Singing Ver.)  
3.「ユキウサギ」(MVメイキング)  
4.「おまけのユキウサギ」  
CD(通常盤)
#タイトル作詞作曲編曲時間
1.「ユキウサギ」松井亮太、waio松井亮太waio
2.「Wing」(O-19ing!!!)leonn日比野裕史日比野裕史
3.「ユキウサギ」(Instrumental)   
4.「Wing」(Instrumental)   
合計時間:

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ アイドリング!!!名義としては19枚目
  2. ^ 朝日奈央は、シークレットガールズの活動や楽曲のメインパートを複数務めた実績がある

出典[編集]

  1. ^ アイドリング!!! ユキウサギ - オリコンスタイル
  2. ^ Top Singles Sales - Billboard-JAPAN
  3. ^ アイドリング!!! 後藤郁 新たなステージへ感謝の旅立ち - GirlsNews
  4. ^ a b c d アイドリング!!!の史上最高に“ピュアすぎる”ウィンターラブソング「ユキウサギ」のビジュアルが明らかに - PONYCANYON NEWS
  5. ^ アイドリング!!!清久レイアが引退を発表 - スポニチアネックス
  6. ^ アイドリング!!!、6thアルバム発売と長野せりなの3月卒業を発表 - PONYCANYON NEWS
  7. ^ アイドリング!!!伊藤祐奈、4月卒業&芸能界引退「後悔しないために」 - オリコン 2015年3月6日(2015年3月6日閲覧)
  8. ^ a b アイドリング!!!2期生が可愛く挑む『ユキウサギ』でメリークリスマス - エンタメNEXT
  9. ^ a b 6年半で見つけた居場所とは? 初メインボーカルのアイドリング!!!2期生にインタビュー - KAI-YOU.net
  10. ^ アイドリング!!!2期生が初のセンターに!!女の子の“かわいい”が詰まった新曲が本日発売 - rankingbox
  11. ^ アイドリング!!!2期生が可愛く挑む『ユキウサギ』でメリークリスマス-02 - エンタメNEXT
  12. ^ アイドリング!!!「ユキウサギ」冬を舞台にした淡い恋心を歌うシングル - MANTAN-WEB
  13. ^ ARTIST アイドリング!!! - フジパシフィック ミュージック
  14. ^ 次回「生ドル」は公開生配信、ゲストは乃木坂&アイドリング!!! - 音楽ナタリー、ほか
  15. ^ ユキウサギのユキウサギ - 酒井瞳 Official Blog
  16. ^ メンバーデザイン!乾杯マグカップを発売!!! - アイドリング!!!公式HP
  17. ^ ユキウサギ (MV Short ver.)/アイドリング!!! - YouTube
  18. ^ アイドリング!!!、涙の菊地亜美卒業ライブ開催!そして、菊地卒業後初のシングル「ユキウサギ」を初パフォーマンス - PONYCANYON NEWS

外部リンク[編集]

ポニーキャニオンによる紹介ページ