松阪競輪場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松阪競輪場
Matsuzaka-keirin-1.jpg
基本情報
所在地 三重県松阪市春日町3-1
座標 北緯34度33分52.83秒 東経136度32分1.97秒 / 北緯34.5646750度 東経136.5338806度 / 34.5646750; 136.5338806座標: 北緯34度33分52.83秒 東経136度32分1.97秒 / 北緯34.5646750度 東経136.5338806度 / 34.5646750; 136.5338806
電話投票 47#
開設 1950年(昭和25年)5月22日
民間委託 日本写真判定
施行者 松阪市
走路 400m
重勝式投票 チャリロト(グループG)
公式サイト 松阪競輪
実況
担当 立野純
記念競輪
名称 蒲生氏郷杯王座競輪
開催月 11月(次回は2017年3月)
テンプレートを表示

松阪競輪場(まつさかけいりんじょう)は三重県松阪市にある競輪場である。施設所有および主催は松阪市。競技実施はJKA中日本地区本部中部支部。電話投票の競輪場コードは47#。

概要[編集]

松阪競輪場は1950年に開設された。2003年11月より三連単(7賭式[1])が全国で最後に導入され、全ての競輪場で三連単が買えるようになった[2]

四日市競輪場と交互に開催され、四日市競輪場開催時は場外発売を行っていたが2007年度より四日市競輪場が記念競輪(GIII)を除きナイター競走による開催に移行した為、当場での場外発売は2006年度末をもって廃止された(昼間開催である記念競輪の場外発売は継続)。

記念競輪(GIII)として「蒲生氏郷杯王座競輪」が開催されており、元々は毎年7月に開催されていたが、近年は11月に開催時期が移動され、2014年2015年は5月、2016年度は2017年3月に開催される。開催2日目のシード優秀競走は、2013年までは現在の三重県松阪市出身の国学者の本居宣長の名を取り、「本居宣長賞」の名称で行われていたが、2014年から地元の特産品である松阪牛の名を取り、「松阪牛賞」の名称で行われている。

特別競輪は2002年2007年ふるさとダービーが開催され、「蒲生氏郷杯」の名称は2日目のシード優秀競走に使用された。また、2011年に秋開催として最後の共同通信社杯秋本番が開催されている。

イメージキャラクターはの「マック」と「マッキー」、それにちなんで「マックカップ争奪戦」「マッキーカップ争奪戦」が開催されている。トータリゼータシステム日本トーターを採用している。

チャリロト[編集]

2017年4月30日より重勝式投票「チャリロト」の発売が開始された。なお松阪は豊橋競輪場別府競輪場熊本競輪場小倉競輪場とキャリーオーバーを共有する『グループG』としての発売となり、キャリーオーバーの対象外であるチャリロト3については松阪の発売はない。

存続問題と民間委託[編集]

近年は赤字経営が続いていることから、民間企業への委託を図るための計画を市として作成[3]し、そのための補正予算案を議会に提出したが、2012年11月の松阪市議会と、12月28日の臨時市議会で、いずれも否決される。これを受け山中光茂松阪市長は「廃止の方向で協議」と表明した[4]

しかし直後の2013年1月に行われた市長選で、山中は再選を果たしたことから再び民間委託の方向を探ることになり、4月には他場の開催業務を受託している日本写真判定とアドバイザー契約を結び[5]、民間委託であれば今後の開催は市側が赤字とならないことを示した上で、改めて市民に対し公開プレゼンテーションを行なうための予算案を議会に諮り、可決された[6] 。これを受け業務委託企業が応募されたが、先にアドバイザー契約を結んでいた日本写真判定1社のみであったため、そのまま日本写真判定が6月1日に応募企業として公開プレゼンテーションを行なっている[7]

そして業務委託に向けた補正予算案が議会に提出され、6月21日に可決された。これにより松阪競輪場は2013年7月1日より日本写真判定による業務委託の下で運営されることになり、当面は存続されることになった[8][9]

バンク[編集]

1周の長さは400m。直線の長さは標準的だが、カントがややきついため捲りや追い込みが決まりやすく、先行タイプの選手には厳しいバンクといわれている。

交通アクセス[編集]

場外車券売場[編集]

  • 川越場外 - 三重郡川越町亀崎新田18-7(近鉄四日市駅より無料バス有)

歴代記念競輪優勝者[編集]

優勝者 登録地
2003年 松岡彰洋 三重
2004年 望月永悟 静岡
2005年 小嶋敬二 石川
2006年 神山雄一郎 栃木
2008年 岩見潤 三重
2009年 中川誠一郎 熊本
2010年 園田匠 福岡
2012年 浅井康太 三重
2013年 山内卓也 愛知
2014年 金子貴志 愛知
2015年 鈴木庸之 新潟
2017年 古性優作 大阪
2018年
※1節4日間制開催となった、2002年4月以降の歴代記念競輪優勝者を列記。

脚注[編集]

  1. ^ 7CHANCE
  2. ^ 平成15年10月新投票方式(新賭式)導入予定 について 配信日:2003年7月16日
  3. ^ 松阪市 競輪経営、黒字化へ 再建業者を公募 - 伊勢新聞・2012年11月22日
  4. ^ 松阪競輪が廃止へ 議会で再生予算案否決 - 産経新聞・2012年12月29日
  5. ^ 松阪市長会見 競輪、実質民営化の方向 日写とアドバイザー契約へ - 伊勢新聞・2013年3月29日
  6. ^ 松阪市議会 競輪プレゼン予算案可決 民間委託の業者選定へ - 伊勢新聞・2013年5月2日
  7. ^ 日本写真判定が松阪競輪の経営改善策 - 中日新聞・2013年6月2日
  8. ^ 松阪市議会 競輪事業予算案を可決 来月、委託契約を締結 - 伊勢新聞・2013年6月22日
  9. ^ 広島市競輪運営委員会 第3回 資料 p.14 - 広島市経済観光局競輪事務局・平成26年2月26日

外部リンク[編集]