那の津通り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
福岡県道602号標識

那の津通り(なのつどおり)は福岡県福岡市博多区千鳥橋から福岡県福岡市中央区西公園下交差点までの福岡県道602号後野福岡線・市道千鳥橋唐人町線3.9kmに付けられた福岡市道路愛称

概要[編集]

福岡都心を東西に結ぶ道路としては海岸に近く、博多埠頭・長浜地区に面する主要な施設を連絡するとともに、築港本町交差点で交差する大博通り博多駅方面、対馬小路交差点で交差する県道602号線で天神方面へと連絡する環状道路でもある。この通りよりもさらに北側の福岡高速環状線のほぼ直下に、新千鳥橋・ぴあとぴあトンネル・みなと大橋が連なっている。

周辺[編集]

通過する自治体[編集]

  • 福岡市(博多区 - 中央区)

主な接続路線[編集]

交差する道路
北←〈那の津通り〉→南
交差する場所 路線名
パピヨン通り篠栗吉塚方面
国道3号 千鳥橋 博多区 県道602号
大博通り県道44号博多港線 築港本町
ベイサイド通り 県道602号後野福岡線 対馬小路
市道千鳥橋唐人町線
大正通り 長浜 中央区
県道556号谷荒戸線 西公園下

名前の由来[編集]

昔『那の津』と呼ばれていた博多港を沿うように通ることから(1979年の福岡市制施行90周年を記念した道路愛称事業により制定)。

関連項目[編集]