今宿新道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国道202号標識
福岡県道559号標識

今宿新道(いまじゅくしんどう)は、福岡県福岡市福岡市道路愛称

国道202号のうち、早良区荒江交差点から西区今宿青木(バイパス青木交差点)までの区間を指す。延長7,500メートル。早良区荒江交差点から交差点までの区間は福岡県道559号に重複。

1979年(昭和54年)の市制施行90周年記念で制定された。愛称決定理由は「国道202号のバイパスとして新設された道であり、今宿まで続く新しい道というイメージ」というもの。

外環西口交差点以西は今宿道路一般部(今宿バイパス)として新たに建設された道路である。愛称制定当時は今宿道路の高崎交差点 - バイパス青木交差点間は建設中であった。その後今宿道路はバイパス青木交差点以西に延伸されたが、バイパス青木交差点以西には愛称は定められておらず、一般には「今宿バイパス」などと呼ばれている。

接続路線[編集]

交差する道路
北←〈今宿新道〉→南
交差する場所 堅粕から
(km)
別府橋通り国道202号 天神六本松方面
早良街道 早良街道
国道263号
荒江 早良区
原通り
県道558号内野次郎丸弥生線
姪浜大通り
県道560号都地姪浜線
県道560号都地姪浜線 福重 西区
下山門通り
県道560号都地姪浜線
平成外環通り
国道202号 月隈方面
外環西口
西九州自動車道国道497号拾六町IC
国道202号(今宿バイパス唐津糸島方面

周辺施設[編集]