篠崎元志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
篠崎元志
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県福岡市東区
生年月日 (1986-02-28) 1986年2月28日(33歳)
身長 168cm
体重 53kg
血液型 A型
競艇選手情報
所属 福岡支部
登録番号 4350
登録期 96期
師匠 白水勝也(3576)
特徴 自在
選手実績
デビュー日 2005年5月7日
主要獲得タイトル
テンプレートを表示

篠崎 元志(しのざき もとし、1986年(昭和61年)2月28日 - )は、福岡県福岡市東区出身のボートレーサー左利き。ペラグループは「我勝手隊」で、師匠は白水勝也

来歴[編集]

福岡県立香椎工業高等学校卒業。96期生として、やまと競艇学校(後のやまと学校、現・ボートレーサー養成所)に入所。

2005年5月7日、若松競艇場にてプロデビュー。2005年8月11日の若松競艇場一般戦にてデビュー43走目で初勝利。

2007年5月若松競艇場開催の「スポーツニッポン杯争奪 GW特選」で初優勝。優勝するまではスタートではダッシュ1本が基本で、この優勝戦でも3号艇ながら5コース進入だった。

2008年、新鋭王座決定戦GI初出場。2日目に水神祭をあげる。準優勝戦に進出し、結果は5着。2008年後期級別よりA1級に昇格。9月開催の福岡チャンピオンカップで周年記念初出場。節間114214の成績で準優勝戦に2号艇で進出。結果は6着。

2011年10月びわこ周年記念で2コースから差しを決めG1初優勝。この年はSGでも優出3回と好成績を残し初の賞金王決定戦を経験。

2012年4月平和島周年記念で4コースから差しで2度目のG1栄冠、12月の住之江賞金王シリーズ戦で予選トップ通過からの優出で1コースからの逃げでSG初制覇。

2013年9月SGモーターボート記念競走優勝戦でフライング、2014年の同競走までSG競走の除外を受ける。獲得賞金ランキングにより、12月の住之江賞金王決定戦には出場。決定戦進出も結果は5着。

2015年、2年前に優勝戦でフライングしたモーターボート記念競走(ボートレースメモリアル)で2度目のSG優勝にして初の正規SG(前者の優勝賞金は2500万円、後者は3500万円)を優勝。

2018年5月のG1宮島周年に出場後、怪我のため5か月間の長期欠場を余儀なくされる。10月の復帰場所はいきなりSG開催の蒲郡SG第65回ボートレースダービーで、ブランクが心配されたが見事優出する。しかし出走回数不足のため、2019年前期はB2級へ降格となった。

2019年前期はB2クラスで一般戦回りとなったが、クラスの違う走りを披露し1着を固め打ち。4月22日には徳山競艇場で、通算1000勝を達成。級別審査対象期間となる2018年11月から2019年4月末までの間に、平成以降の新記録となる83勝[1]をマークし、2019年後期A1に復帰。

人物・エピソード[編集]

  • 弟もボートレーサーでやまとチャンプ篠崎仁志(4477)。師匠も元志と同一である。
  • 高度なテクニックを持ち、またスピード勝負も得意とする。

SG・G1・G2タイトル[編集]

SG[編集]

  • 第27回賞金王シリーズ戦(ボートレース住之江)
  • 第61回ボートレースメモリアル(ボートレース蒲郡)

G1[編集]

  • 開設59周年記念G1びわこ大賞(ボートレースびわこ)
  • 第58回トーキョー・ベイ・カップ(ボートレース平和島)
  • 開設58周年記念ウェイキーカップ(ボートレース多摩川)
  • 開設57周年記念赤城雷神杯(ボートレース桐生)
  • 開設63周年記念全日本覇者決定戦(ボートレース若松)
  • 開設64周年記念つつじ賞王座決定戦(ボートレース津)
  • G1第44回高松宮記念特別競走(ボートレース住之江)

G2[編集]

  • 2013年モーターボート大賞(ボートレース尼崎)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ それまでの記録は、松田雅文が1997年前期に記録した82勝。なお年間勝数は、昭和45年1月から12月までの間に岡本義則 が記録した171勝が最多となる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]