長嶺豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
長嶺豊
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 佐賀県
生年月日 (1943-11-05) 1943年11月5日(76歳)
身長 164cm
体重 54kg(現役時)
血液型 O型
競艇選手情報
所属 大阪支部
登録番号 1812
登録期 15期
特徴 自在
選手実績
デビュー日 1963年11月
選手引退日 2004年
記念優勝  11 回
SG優勝   1 回
GI/PGI優勝  10 回
通算優勝  73 回
通算勝率  6.59
通算勝利 出走8510回 2338勝
主要獲得タイトル
テンプレートを表示

長嶺 豊(ながみね ゆたか、1943年11月5日[1] - )は、日本の元競艇選手。引退後は解説者として活動している[2]佐賀県杵島郡若木村(現・武雄市[3]出身。長嶺保は弟。

経歴[編集]

1943年11月5日[1]佐賀県杵島郡若木村(後の佐賀県武雄市[3]に生まれる。小学校5年の時に大阪市へ移り、中学時代は野球に熱中したが、身長が思うように伸びず、進学をあきらめ競艇選手になる道を選んだ[4]。長嶺によると「裏街道に行ってもおかしくなかった」というほど荒んだ日々を送った時期もあったが、住之江競艇場で競艇のレースを観戦したのがきっかけで一念発起したという[2]

大阪府モーターボート競走会補助員を経て[5]、選手養成所の入所試験に2度目の受験で合格[2]1963年11月に競艇選手としてデビューした[1]。G1での勝利数が10を超える一方でSGレースになかなか勝てず、「浪速のドン」と呼ばれる[2][6]一方「プレッシャーに弱い」とも評された[7]が、1993年に第40回全日本選手権競走を優勝し、SGレース初勝利を挙げた[6]
2007年(平成19年)、ボートレースの殿堂入りを果たした。[† 1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c 木村1992、260頁。
  2. ^ a b c d 長嶺2012/3
  3. ^ a b 木村1992、263頁。
  4. ^ 木村1992、263-264頁。
  5. ^ 木村1992、264頁。
  6. ^ a b 水上の英雄たち -ボートレース講談- #02”. 日本レジャーチャンネル. 2012年7月31日閲覧。
  7. ^ 木村1992、260-261頁。

参考文献[編集]

  • 木村幸治『水上の格闘者たち』講談社、1992年。ISBN 978-4-06-204715-9
  • 長嶺豊「"浪速のドン"長嶺師匠の『ボート界への伝言』」『BOATBoy 2012年4月号』、日本レジャーチャンネル、2012年3月、 58-59頁。