中島孝平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中島孝平
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福井県
生年月日 (1979-11-08) 1979年11月8日(39歳)
身長 160cm
体重 53kg
血液型 AB型
競艇選手情報
所属 福井支部
登録番号 4013
登録期 84期
級別 A1級
特徴 自在
選手実績
デビュー日 1999年5月12日
SG優勝 2
GI/PGI優勝 6
GII優勝 1
GIII優勝 6(企業杯4回・新鋭リーグ2回)
主要獲得タイトル
テンプレートを表示

中島 孝平(なかじま こうへい、1979年11月8日-)は、福井県坂井市(旧・三国町)出身の競艇選手

登録番号4013、84期(同期に中村有裕笠原亮など)、福井支部所属、血液型AB型。

来歴[編集]

1999年5月12日、地元三国競艇場で開催された一般競走第2レースでデビュー(5着)。[1]

2003年1月、平成14年度の最優秀新人選手に選出される(登録の翌年から3年以内の選手の中で、SG・GI競走等の成績が優秀であり、賞金獲得額・勝率で1位となるなど、最も優秀な成績を記録)。

2007年7月のGI三国MB大賞にて、記念競走初優勝を挙げる。

2008年3月の第43回総理大臣杯児島)にて、SG初優出(4着)。

同年9月のGI桐生52周年記念では、2002年2月に今村豊が達成して以来のGI競走における完全優勝を達成した。[2]

2010年は、5月に唐津周年記念、7月に鳴門周年記念で優勝し、G1競走で2勝を挙げた。SG競走(賞金王決定戦を除く)では2競走で優勝戦に出場(蒲郡MB記念(5着)・唐津競艇王CC(2着))し、獲得賞金5位(チャレンジカップ終了時点[3])で自身初の賞金王決定戦住之江)に出場。優勝戦に進出し、2コースからインの濱野谷憲吾をまくって勝利。自身初のSGタイトルを手にすると共に、年間獲得賞金1位で締めくくった。また、2011年前期適用勝率(2010年5月〜10月間)1位(勝率8.37)も記録している。(これらの成績により2010年最優秀選手・最多賞金獲得選手・記者大賞の3賞を受賞)[4][5][6]

2013年、第28回賞金王決定戦に出場した際のキャッチフレーズは寡黙なる闘神に決まった(優出2着)。

2018年、第45回笹川賞尼崎)で優勝し8年ぶりにSG制覇。優勝戦の成績は1分48秒1のタイムで決まり手は逃げ[7]

獲得タイトル[編集]

SG[編集]

GI[編集]

  • 2007年7月 三国MB大賞
  • 2008年9月 桐生52周年…前述の通り7連勝での完全優勝
  • 2010年5月 唐津57周年
  • 2010年7月 鳴門57周年
  • 2011年2月 平和島56周年…降雪による交通機関不通のため2日目から参戦したが、予選トップ通過で優勝(1996年以降の記念で、初日出走表に名前がない状態での予選通過はこの大会が初)
  • 2013年2月 三国第56回近畿地区選手権

GII[編集]

  • 2012年3月 三国MB大賞

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]