リクエスト合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グリコリクエスト合戦
フクスケリクエスト合戦
(西銀座リクエスト合戦)
(新宿リクエスト合戦)
ジャンル 音楽番組/バラエティ番組
放送方式 録音放送
公開放送の時期有り)
放送期間 1959年11月1日1987年10月4日
放送時間 毎週日曜日 10:00〜10:30
放送局 ニッポン放送
パーソナリティ 村上正行
今仁哲夫
高嶋秀武
塚越孝
提供 江崎グリコ
新宿伊勢丹
福助
特記事項:
1959年11月1日から1962年9月30日までは朝日放送と共同制作[1]
テンプレートを表示

リクエスト合戦(リクエストがっせん)は、ニッポン放送で、1959年11月1日から1987年10月4日まで28年間、日曜日に放送されていたラジオ番組である。

提供は放送開始時から1984年までは江崎グリコ(『新宿リクエスト合戦』の当時は新宿伊勢丹もスポンサーに加わる)、1984年から最終回までは福助

概要[編集]

毎週男女一組ずつのゲストを迎え、対戦ごとにリクエスト曲を1曲ずつ出し合い、クイズやゲームで勝った方のリクエスト曲のみを放送するという番組形式。本番組スタート当初のタイトルは「グリコリクエスト合戦 〜どちらをかけましょう〜」。なお、第1回放送から1962年9月30日までは朝日放送と共同制作で放送され、この当時は東京対大阪の「東西対抗」という趣向も見られた。朝日放送ラジオでの放送は、1962年9月30日を以って終了、この後はニッポン放送単独製作となった[1]

1969年10月5日から収録スタジオを当時東京銀座西銀座デパート内に在った「西銀座サテライトスタジオ」に移し、タイトルを「西銀座リクエスト合戦」(にしぎんざ - )に改題、この時から公開放送となる。1974年4月7日からは伊勢丹新宿本店内に在った「アベニュースタジオ」に移って、タイトルも「新宿リクエスト合戦」(しんじゅく - )に変わった。公開放送時代は、収録は日曜日または祝祭日に行われていた[2]

新宿からの公開放送は1976年9月26日で終了、この後は放送拠点が再びニッポン放送本社スタジオに戻る。1984年グリコ・森永事件の影響を受け、本番組開始時からのスポンサーだった江崎グリコが降板し、その後は福助がスポンサーを受け継いでタイトルが「フクスケリクエスト合戦」に変わり、このタイトルで最終回まで放送されていた。

放送時間[編集]

  • 毎週日曜日 10:00〜10:30(ニッポン放送での放送時間)

その他の局での放送時間[編集]

近畿広域圏に於いて、朝日放送 → ラジオ大阪 → 毎日放送と放送された局が変わっていった。

朝日放送(ABCラジオ)
  • 毎週日曜日 12:00〜12:30(1959年11月1日〜1959年11月29日)[1]
  • 毎週日曜日 10:30〜11:00(1959年12月6日〜1962年9月30日)[1]
ラジオ大阪
  • 毎週日曜日 9:30〜10:00(1980年4月6日〜1980年4月27日)
  • 毎週日曜日 10:30〜11:00(1980年5月4日〜1984年4月29日)
毎日放送(MBSラジオ)
  • 毎週日曜日 9:00〜9:30(1984年8月5日〜1985年4月7日)
  • 毎週日曜日 11:30〜12:00(1985年4月14日〜1987年10月4日)

歴代司会者[編集]

いずれも当時のニッポン放送アナウンサー。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 朝日放送の50年(朝日放送社史編修室 編、2000年)資料集 p.91
  2. ^ 季刊ランラジオ(自由国民社)1975年3月号 p.70
ニッポン放送 日曜日 10:00~10:30枠
前番組 番組名 次番組
紅白対抗歌のゲーム
グリコリクエスト合戦
(西銀座リクエスト合戦)
(新宿リクエスト合戦)

フクスケリクエスト合戦